GEのパワーコンバージョン事業、世界最先端の風力タービン試験設備を受注

PR TIMES / 2013年3月18日 16時1分

*2013年3月14日、フランス・パリにて発表されたプレスリリースの全訳です。

・最新のナセル向け試験設備は、事故時運転継続要件テストおよびグリッドシミュレーションが可能
・試験機器には、GEの革新的なダイレクトドライブ永久磁石モータと柔軟性に富んだモジュラーインバーターシステムを搭載




GEのパワーコンバージョン事業は、デンマークの再生可能エネルギー技術に関する試験センターであるリンドー洋上再生可能エネルギーセンター(Lindoe Offshore Renewables Center、以下LORC)との間で、最大10MWの出力を持つ世界最先端の風車ナセル試験設備の建設、試運転から引き渡しまでを一括したターンキー方式の契約を結びました。リンドー・ナセル試験(Lindoe Nacelle Testing:LNT)プロジェクトは、デンマークで4番目に大きなフュン島にあるLindoe Industrial Park(リンドー・インダストリアルパーク)内に建設され、稼働開始は2014年を予定しています。

GEは、この試験設備に対してドライブトレイン、グリッド(送電網)シミュレーション、管理システムおよび基礎工事を提供します。これには中圧スイッチギア、変圧器、インバーターシステム用DDPM(ダイレクトドライブ永久磁石)モータ、HMI(ヒューマン・マシン・インターフェース)および機械基礎が含まれます。また本プロジェクトにおいてGEは、設置、試運転およびリモートサービスを提供します。今回導入する中圧インバーターシステムは、従来のMV7000シリーズをさらに発展させたもので、現在市場にある中圧インバーターで最小クラスの製品です。このMV7000は、ダイナミック制御特性と低グリッドインターフェースに関するGEの実証された技術が用いられています。

GEのパワーコンバージョン事業、テストシステム担当グローバルビジネスリーダーを務めるフランツ・ヒュブルは、「GEは、LORCとのパートナーシップによるこの非常に素晴らしい試験設備建設を光栄に思います。この試験設備は、再生可能エネルギーが安全供給できる未来に向け、風力発電産業を導くものになるでしょう。当社は、この分野のリーダーとして培った多くの経験を通じて、プロジェクトに貢献して参ります。」と述べています。

新しいナセル試験設備は、ピッチコントロールを含めたすべてのフィールド運用ソフトウェアとハードウェア、およびタービンハブを試験機構に組込むことができるよう特別に設計されたアダプタを使用しています。これによってLORCは風力ナセルの機能および性能に関する試験が可能になります。またこの設備は、試験システム業界でもユニークな、実際の条件に近い33kVレベルでの試験環境を使用するため、ナセル内の風力タービンコントローラの試験も可能になるなど、試験対応領域を大きく拡げます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング