藤川球児もスペシャルゲストで参加!「骨髄バンク推進全国大会2015 in 高知」を開催

PR TIMES / 2015年8月31日 15時29分

第23回高知県骨髄移植講演会&ドナー登録会を併催

9月12日(土)12:30~、高知ファイティングドッグスの藤川球児選手も参加!第23回高知県骨髄移植講演会&ドナー登録会を併催。



[画像: http://prtimes.jp/i/5194/9/resize/d5194-9-154378-2.jpg ]



公益財団法人日本骨髄バンク(東京都千代田区、理事長:齋藤英彦)は、白血病などの血液疾患の患者さんを救命するため、平成3年12月に発足しました。広く国民の皆さまから骨髄提供希望者(ドナー)を募り、患者さんへ骨髄等を提供する橋渡しを行っています。
現在、ドナー登録者は約45万3千人、骨髄移植累計数は1万8千件に達しました。骨髄バンクを介して骨髄移植を必要とする9割以上の患者さんに1人以上の提供ドナー候補が見つかっていますが、候補者の健康状況や止むを得ない都合などで提供に至らない場合も多く、近年は患者の移植率は6割弱で推移しています。より多くの患者さんが1日でも早く移植できるには、さらに多くの方々に骨髄バンクについてご理解いただき、ドナー登録を進めていかなければなりません。
日本骨髄バンクでは毎年1回、骨髄バンクの普及啓発を目的に「骨髄バンク推進全国大会」を開催しております。今年は四国で初めて高知県で開催する運びとなり、高知県骨髄バンク推進協議会との共催で「第23回高知県骨髄移植講演会&ドナー登録会」も併催します。高知県はライオンズクラブをはじめとしたボランティアが中心となり、積極的な骨髄バンク推進活動が行われています。今年6月には民間団体として全国で初めて、高知黒潮ライオンズ
クラブが提供ドナーへの助成制度を導入しました。
第1部の式典では、骨髄バンク事業に深いご理解をいただき、運営に多大なご協力をいただきました高知県の個人・団体・企業の皆様に感謝状を贈呈させていただきます。また第2、3部では高知大学附属病院の医師と看護師による講演、提供ドナーや移植経験者の体験談、さらに高知ファイティングドッグスの藤川球児選手も応援に駆けつけます。本大会の入場は無料、どなたでも参加できます。


【日本骨髄バンク公式HP】
http://www.jmdp.or.jp/
【ドナーズネット】
http://www.donorsnet.jp/
【日本骨髄バンク公式FB】
https://www.facebook.com/JapanMarrowDonorProgram

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング