2013年3月1日(金) 新発売 「炙り風 サーモン丼のたれ」

PR TIMES / 2013年2月14日 10時26分

サーモンに熱々のたれをじゅわっとかけて 香ばしい炭火風味が広がる海鮮丼

 モランボン株式会社(本社:東京都府中市 代表取締役社長:ジョン・ピョンヨリ)では、鮮魚売場向け商品として、子供にも人気のサーモンを、炙ったような炭火風の味わいで楽しむ「炙り風 サーモン丼のたれ」を2013年3月1日(金)より新発売いたします。



<開発背景>
 魚料理で食卓出現頻度の高いメニューベスト3は、1位 塩焼き・素焼き、2位 刺身・魚のたたき、3位 干物焼きで、簡単でごちそう感のある魚料理として「刺身」は子供から大人まで幅広い層に人気のメニューです。((株)インテージキッチンダイアリー2012年3~8月平均)
 特に、生産量が増加しているサーモンは、養殖技術の向上で脂ののったおいしい素材が増えていることから、回転寿司などでも人気No.1と言われるほど、近年需要が高まっています。また、まぐろに比べて価格も手ごろであることなどから、家庭での購入頻度も増加しています。
 そこで、人気の食材サーモンを使って、調理が簡単でボリュームのある丼メニューを提案するため「炙り風 サーモン丼のたれ」を開発いたしました。サーモンに熱々のたれをかけることで、身が引き締まり、炙ったようなおいしさが味わえる新感覚の海鮮丼が楽しめます。


<商品特徴>
 本醸造醤油におろし生姜をふんだんに加え、みりんと昆布だしを合わせた、サーモンのおいしさを引き立てるたれです。炭火風味が香ばしい、ご飯がすすむ味わいに仕上げました。
■炙り風とは・・・フライパンでたれを熱々にしてサーモンの上からじゅわっとかけて仕上げます。サーモンの身が引き締まり、炙ったようなおいしさがお楽しみいただけます。


<材料例&作り方(1人分)>
材料例:サーモンの刺身60~80g、玉ねぎ(薄切り)1/4個、ご飯 どんぶり1杯、水 大さじ2、油小さじ1、本品1袋
1. フライパンに油を入れ、玉ねぎを中火で炒めます。火を止め、水、本品を加えて軽く混ぜ合わせます。
2. たれはフライパンに残し、炒めた玉ねぎを温かいご飯にのせ、その上にサーモンを盛り付けます。
3. フライパンに残しておいたたれをひと煮立ちさせ、サーモンにかけてできあがり。


<商品概要>


商品名: 炙り風 サーモン丼のたれ

内容量: 120g(30g×4)

容器: アルミ蒸着スタンディングパウチ

サイズ・入り数: 120mm×190mm(1ケース=10パック)

保存方法: 直射日光をさけ、常温で保存

賞味期間: 180日

参考本体価格: 168円(税込み)

JANコード: 4902807341781

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング