三井造船システム技研、強力な3Dシミュレーション ソリューションの開発にダッソー・システムズ子会社、Spatial CorpのCGM Modelerを採用

PR TIMES / 2013年3月29日 17時4分

生産性と性能に対する業界の要求に応えるRoboTrue Laser

米国コロラド州ブルームフィールド(2013年3月20日) - 設計、製造、エンジニアリングアプリケーション向け3D開発ソフトウェアのリーディングプロバイダであるSpatial Corp.は、三井造船システム技研株式会社 がCGMをベースとした製品、RoboTrue Laserをリリースしたことを発表しました。

RoboTrue Laser は産業機械向けの高度な3Dソフトウェアソリューションを提供する生産ラインシミュレーションツールです。RoboTrue Laserは自動フィクスチャ設計と、5軸レーザー切削のオフラインプログラミングが可能で、通常NCデータの作成に必要とされる時間と費用を大幅に削減します。Spatialが2011年に発表した CGM (Convergence Geometric Modeler) は業界最新の市販3Dジオメトリカーネルです。Dassault Systemesの V5 および V6の3DモデリングカーネルとしてであるCGMはV5製品の基礎として使用されており、最先端のアプリケーション開発環境や世界有数の製造業者により使用され、実績を上げています。

三井造船システム技研は、既存のソリューションを置き換え、競争の激しい市場に独自の機能を提供するため、使いやすさというと高性能を兼ね備えたアプリケーションというビジョンを実現可能な3DモデリングカーネルおよびCAD変換コンポーネントを必要としていました。自動車、航空宇宙、機械製造等の幅広い産業に顧客を有する三井造船システム技研は、複数CAD間のインターオペラビリティに厳しい条件を持っていました。彼らはSpatialの3D InterOp が柔軟で信頼性の高いデータ変換というニーズに対応できると確信していましたが、3Dモデリングカーネルが現在および将来にわたって彼らの厳しい開発ニーズにも合致したものでなくてはならないということも知っていました。可能な限り最高の品質で、迅速に市場参入するということが極めて重要だったのです。

CGMは一貫性のあるインターフェイスによる簡単なインテグレーションと、ジオメトリとトポロジの精密性を維持するため開発の最初から組み込まれたトレラント モデリングより、これらのニーズに対応しました。また、CGMは大規模モデルに対応するキャパシティとパフォーマンス、厳しいモデリング条件に対応した豊富なサーフェス機能、PLMワークフローの良好な統合を実現するV5およびV6とのジオメトリデータ互換性も提供しています。 三井造船システム技研はRoboTrue Laserの開発にあたり、Spatialの現地技術スタッフや、より大きなSpatial Corp. の開発スタッフリソースを利用しました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング