ネットワーク対応機材の障害を簡単・安全・確実に自動復旧。「ギガ・ブート」、新発売

PR TIMES / 2014年9月11日 9時28分

- ネットワーク監視、パワマネのISAから、新シリーズ発売‐

株式会社アイエスエイ(略称:ISA、東京都新宿区新宿、代表取締役 三反崎 好弘)は、ネットワーク機器やネットワークにつながる装置に発生した障害を、いち早く検知し、簡単・安全・確実に自動復旧させる装置「ギガ・ブート」を発表しました。この製品は、1990年から培っている「パワーマネージメント」の技術と1999年から培っている「ネットワーク監視警告灯 警子ちゃん」の技術を融合させた、弊社の新シリーズ商品になります。




用途に合わせ、導入のしやすさと基本機能を充実させた「赤のギガ・ブート」。これに環境センサー情報の取り込みや他製品への接続機能を付加した「黄色のギガ・ブート」。シリーズ最高峰で、無停電電源装置との連携やUSB機器との接続、障害通知機能として音声ファイル再生機能等を搭載した「青のギガ・ブート」の3製品でのシリーズ投入になります。
機能の違いを警告灯の3色になぞらえたカラーリングにし、簡単に理解できるようにもしました。

高性能なネットワーク対応機器(アプライアンス装置)がクラウド・サービスの進展と共に、いろいろな場所や施設に設置され数を増やしています。一方で、これら装置に障害が発生すると、現場に保守要員や管理者不在の場合が多く、障害復旧までに時間がかかり業務遂行に支障をきたすリスクも指摘されています。
「ギガ・ブート」(GB2000シリーズ)は、ギガビット・ネットワーク環境下で稼働するネットワーク装置を単独で監視し(ネットワーク警告灯 警子ちゃんの機能)、障害発生を検知すると機器電源のオン/オフを自動で行う(ISA パワーマネージメント)機能で、ネットワーク対応機材を簡単・安全・確実に復旧させる装置です。

例えば、テレビ会議システムに使われるルータやネットワーク機器や画像転送装置などの障害監視復旧装置として、監視カメラ装置でのIPカメラや録画装置やネットワーク機器の障害監視復旧装置として、オフィスでのルータやWi-Fiアクセスポイント装置などの障害復旧装置としてご利用いただけます。

「ギガ・ブート」(GB2000シリーズ)の特長:
主な特長は次になります。
項目最後の記号の意味:
(全):全機種共通 (赤):赤のギガ・ブート GB2110A対応
(黄):黄色のギガ・ブート GB2210A対応
(青):青のギガ・ブート GB2310A対応

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング