【日本タレント名鑑】加速するアイドル声優ブーム!改めて声優人気の変遷を整理してみた!【男性声優編】

PR TIMES / 2014年11月26日 12時51分

「日本タレント名鑑」を発行するVIPタイムズ社が、40年以上タレント情報を取り扱ってきた強みや知見を活かし、芸能界を様々な切り口で分析するコンテンツ「タレメreport」。今回は2本立てで「加速するアイドル声優ブーム!改めて声優人気の変遷を整理してみた!」の【男性声優編】と【女性声優編】を公開しました。



1970年の創刊以来、各メディアの制作現場にて愛用されている『日本タレント名鑑』を発行する株式会社VIPタイムズ社(本社:東京都渋谷区 代表取締役:井草睦子)が、新しいコンテンツとしてスタートした「タレメreport」の第五弾として「加速するアイドル声優ブーム!改めて声優人気の変遷を整理してみた!」を『日本タレント名鑑webサイト』( http://www.vip-times.co.jp/ )で公開しました。

***********************************************************

加速するアイドル声優ブーム!改めて声優人気の変遷を整理してみた!【男性声優編】

■90年代までの男性アイドル声優事情

声優業は元来、役者の副業という側面が強かったためか、男性声優は古くから声優業のみならず舞台活動やバンド活動など、様々な芸能活動をおこなっており、70年代後半に結成された野島昭生、曽我部和恭、古川登志夫、古谷徹らのバンドユニット「スラップスティック」はすでにアイドル的な人気を博していた。

80年代に入ると、作品に紐づく形で『キャプテン翼』や『聖闘士星矢』の出演声優がキャラ人気と比例して注目されるようになる。中でも『鎧伝サムライトルーパー』の出演声優5人で結成された声優ユニット「NG5」は、男性アイドル声優ブームの火付け役となった。

その後も、「NG5」のメンバーだった草尾毅や佐々木望が男性アイドル声優の筆頭各として活躍を続け、90年代に入っても草尾毅は桜木花道役をつとめた『SLAM DUNK』、佐々木望は浦飯幽助役をつとめた『幽☆遊☆白書』と、女性人気の高い作品の主人公役を歴任。その地位を確固たるものとしていた。

■長期的な人気を誇る男性アイドル声優

一方で90年代中盤は、草尾毅とともに出演した『SLAM DUNK』で流川楓を、美少年キャラで女性人気を集めた『新機動戦記ガンダムW』でヒイロ・ユイを演じた緑川光が注目を集め、『新機動戦記ガンダムW』で緑川演じるヒイロの敵役であるゼクス・マーキスを演じた子安武人も男性アイドル声優として人気を博すようになるなど、女性アイドル声優と同様に男性声優のアイドル化も加速していく。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング