世界の主要8ジャンルの料理を学び、融合させる能力を身につける「レストランダイニング専攻(2年制)」コースを新たに開講!

PR TIMES / 2013年3月21日 12時30分



ファッション、ヘアメイク、ビューティ、グラフィックデザイン、映像、フォト、ゲーム、アニメ、マンガ、パティシエ、カフェ、フードコーディネーターなどのクリエイティブ分野に特化し、即戦力人材を育成するスクール運営事業を行っているVantan(バンタン)(本部所在地:東京都渋谷区 代表:長澤俊二) は、レコールバンタン フードスペシャリスト学科において、世界の主要8ジャンルの料理を総合的に学べるプログラムを提供し、最新の創作料理スキルを持った人材を育成することを目的に、新たに「レストランダイニング専攻(2年制)」コースを開講致します。

現在、“食”の業界は大きな変革期を向かえています。消費者は、レストランが使用している素材への安心感や料理そのものに対する安全性を求めると同時に、インターネットによる情報収集などで、話題性があり評判のいい店を選択するなど、“食”に対してよりシビアになっていると言われています。
一方で、“食”の業界を支える人材は慢性的な人手不足の課題を抱えており、厚生労働省2012年10月期の発表によると、「宿泊・飲食」の離職率は、他の分野を大きく圧倒し大学卒業後3年以内に実に48.5%もの人材が業界を離れているという状況に置かれています。

離職には様々な要因があります。“食”の業界は入社直後から現場にでて自らの経験の中で学んでいくケースが多く、なかなか成長を実感できない。また、ジャンルごとに料理技術が異なるため、最初に自分が学んだジャンル以外での転職が容易ではない。等が挙げられます。

Vantan(バンタン)では、従来の専門教育が結果として人材の選択肢を狭めているかもしれないという仮説を立て、一つのジャンルに固執するのではなく複数のジャンルを同時に学び、“食”の技術だけでなく文化や産業の理解を深め、フュージョン(融合)させるチカラを身につけることで、これからの“食”の業界を支える「創作」の分野で活躍する人材を育成したいという思いから、2012年4月以降「レストランダイニング専攻」コースの募集を行って参りました。

今回の募集で集まった学生達は、2013年4月よりレコールバンタンレーヴ校舎(東京都渋谷区代官山)に通学し、2年間の教育の中で主要8ジャンルの料理技術を学ぶ中で、自らのスキルの向上とともにこれからの“食”の業界の活性化を目指します。

これからの“食”の業界を変える可能性を秘めた学生達の今後にご期待ください。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング