『ことりっぷ』が女子旅調査を開始 ~読者である旅好きな働く女性が対象~

PR TIMES / 2013年10月31日 10時35分

第一弾は電通と共同で「旅のプランニング」を調査

累計900万部発行の大人気ガイドブック『ことりっぷ』が女子旅調査を行ってまいります。『ことりっぷ』の読者である、20~40代の旅に意欲的な働く女性にヒヤリングすることで、女子旅の実態や傾向、ニーズを掘り起こしていきます。第一弾は電通と共同で「旅のプランニング」について調査を行いました。



株式会社昭文社(本社:千代田区麹町、代表取締役社長:黒田茂夫、東証コード:9475)は、女性向け人気ガイドブックシリーズ『ことりっぷ』の読者である、旅好きな働く女性を対象とした“女子旅”に関する調査を開始、『ことりっぷ』WEBサイト(http://co-trip.jp/)にて結果を発表していくことをお知らせいたします。
第一弾として、株式会社電通(本社:港区、社長:石井直 以下、電通)の地域ブランドプロジェクト「abic」(以下、アビック)と共同で「旅のプランニング」に関するアンケートを実施、結果を本日10月31日に発表いたしました。

『ことりっぷ』は20~30代の働く女性に週末2泊3日の旅を提案した、累計900万部を超える大人気ガイドブックシリーズです。「情報が信頼できる」「表紙がかわいい」と旅好きな女性に圧倒的支持を得ており、今や旅好きな女性の定番アイテムであり、“女子旅”の代名詞的存在にもなっております。

弊社は、この『ことりっぷ』の愛用者である旅に意欲的な20~40代の女性を集め、旅・観光に関するアンケートやヒヤリングを行うことで、女性の旅スタイルや傾向、ニーズを掘り起こすことができると考え、2013年8月にオープンした『ことりっぷ』WEBサイトにて参加の募集及び調査結果を発表していくこととなりました。

第一弾の「旅のプランニング」についての調査では、旅好きな働く女性は、有給休暇を取得しながら年に何度も旅行を楽しみ、またガイドブックやインターネットからあらゆる情報を集め、パッケージツアーには頼らない、自分スタイルの旅行をプランニングしていることがわかりました。

弊社は今後も、『ことりっぷ』の愛用者であるF1・F2層、中でも旅に意欲的な女性に様々なテーマにてヒヤリングを行うことで、女子旅の傾向やニーズを掘り起こし、自治体の誘客や企業の販売促進にもお役立て頂けるよう推進してまいります。この女子旅調査は、「ことりっぷWEB」での弊社独自調査ほか、地域ブランディングを行う電通・アビックとも共同で取り組むことにより、『ことりっぷ』ブランドにて各地域の活性化をサポートしてまいります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング