ヘイズ、右肩上がりの成長を続ける医療業界で営業担当者の需要が拡大し、将来性の高い人材が求められていることを発表

PR TIMES / 2014年2月12日 15時2分

【東京2014年2月12日】人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、リージョナル・ディレクター、ジョナサン・サンプソン、以下ヘイズ・ジャパン)は、右肩上がりの成長を続ける日本の医療業界に比例して医療機器関連のメーカーや販売業者の市場が拡大しており、医療機器を専門とする営業担当者の需要が非常に高まっていることを発表しました。

ヘイズ・ジャパンのリージョナル・ディレクター、ジョナサン・サンプソンは次のように述べています。「医療機器業界では毎年のように新型機器が発売され、新製品の発売から医師への売り込み、手術器具の技術指導までを行うことのできる営業担当者の需要が非常に高まっています。しかし、現状ではこうした人材が不足しているため、採用企業はより柔軟な姿勢で採用に望むようになっており、業界での営業経験にこだわらず、ジュニアレベルの候補者を中心に将来性の高い人材を求めるようになっています。各社とも、医療業界での営業経験を持った人材に限定すると、候補者の関心が十分に得られないという現状に気がつき始めているためです」。

さらにヘイズでは、日本のライフサイエンス業界では営業以外にもさまざまな分野で人材不足が続いていることを指摘しています。

「多くの企業が2014年中に開始予定のプロジェクトへの投資を進めており、経験豊富で専門知識を持った医療プロジェクトマネージャーの需要も高くなっています。医療プロジェクトマネージャーは開発の初期段階からポストマーケティングまで、製品開発全般をリードする役割を担っており、がん分野での専門知識を持った候補者が特に求められています。

加えて、新薬パイプラインが拡大を続けており、薬剤の承認を取得し販売を開始する上で規制業務(RA)担当者が需要な役割を担っています。こうした規制業務担当者に加え、特定の分野ではジュニアレベルの候補者に対しても需要が高まっています。また、欠員の補充や繁忙期に対応するため、派遣や契約社員などの需要も見られます」。

ヘイズでは日本のライフサイエンス業界で需要が高い専門分野として、次の5つの分野を挙げています。

医療機器の営業担当者: 医療機器業界では毎年のように新型機器が発売されており、営業担当者の需要が非常に高まっています。収益を生み出すためには、各社とも営業担当者による販売活動が非常に重要になっています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング