ペイパル、Samsungの新製品「GALAXY S5」と提携

PR TIMES / 2014年2月25日 10時24分

パスワード不要の指紋認証を利用した新しいショッピング体験を提供

PayPal Pte. Ltd. (本社:シンガポール、東京支店カントリーマネージャー:エレナ・ワイズ(Elena Wise)、以下「ペイパル」)とSamsung Electronics (以下Samsung)は、2014年2月24日(月)、バルセロナで開催されたモバイル・ワールド・コングレスにおいて、新製品「GALAXY S5」の指紋センサー技術を利用した決済において提携したことを発表しました。この提携により、「GALAXY S5」の利用者(買い手)は、ペイパルを利用したオンライン支払いや、実店舗にて顔パス感覚で買い物ができる「ペイパル チェックイン支払い」でも、ペイパルアカウントにIDおよびパスワードを都度入力することなく指紋認証のみでログインでき、よりスムーズな支払いが可能となります。これにより、ペイパルはSamsungの指紋センサー技術を利用する世界で初めてのグローバル決済ブランドとなります。



 Samsungは、150以上の国で製品展開している、世界で信頼されているモバイル端末メーカーです。「GALAXY S5」の利用者(買い手)は、ペイパル支払いを受け付けられる世界数百万のオンライン店舗と実店舗の両方において、指紋認証を利用してよりスピーディーに安全かつシームレスな買い物が可能になります。「GALAXY S5」は、2014年4月よりオーストラリア、ブラジル、香港、ロシア、米国を含む世界26カ国の国で販売されます。なお日本での販売時期は未定です。

 ペイパルのチーフ・プロダクト・オフィサーであるヒル・ファーガソンは「ペイパルは、昨年Fast IDentity Online Alliance (FIDO)*1の取り組みをリードする中で、近い将来パスワードが不要になると予測しましたが、今回の発表によりその実現に一歩近づくことになります。利便性とセキュリティというのは常にトレードオフの関係にありますが、「GALAXY S5」の指紋センサー技術を利用することで、どちらも犠牲にする必要がないことが証明されました。利用者(買い手)は、さっと指紋認証するだけでペイパルアカウントに安全にログインでき、オンラインでもオフラインでもスムーズにショッピングすることができるようになります。」と述べています。

 ペイパルは、お客さま(買い手)のカード情報などの重要な個人情報をセキュアなサーバ上に保管し、売り手にそれらの情報を提供することなく決済が出来ることが大きな特徴ですが、今回の指紋センサーを用いた決済においても同様に「GALAXY S5」にはペイパルアカウントに関するお客さま(買い手)の個人情報は一切保存されず、指紋センサーとペイパルのサーバの通信によりペイパルアカウントへのログイン認証が行われます。唯一デバイス上に保管されるのはペイパルがお客さま(買い手)を特定するために利用する暗号化されたキーのみで、ペイパルのサーバにも指紋情報は保管されません。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング