7つの通貨が一枚のカードに!海外専用トラベルプリペイドカード 『マルチカレンシーキャッシュパスポート』の提供を開始

PR TIMES / 2014年8月27日 12時17分

複数の国に渡航する利用者にとって、便利で安心な次世代型プリペイドカード

MasterCard (本社:ニューヨーク州パーチェス、日本地区社長:ロバート・ルートン)と、グループ会社でプリペイドカード「キャッシュパスポート」の販売会社であるアクセスプリペイドジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、日本地区代表 坂根謙介、以下アクセスプリペイド)は本日、世界中250万以上のMasterCard(R)マークのあるATMと3800万以上のMasterCard加盟店で利用可能な、海外専用トラベルプリペイドカード『マルチカレンシーキャッシュパスポート 』の提供を、8月28日より開始することを発表いたしました。



『マルチカレンシーキャッシュパスポート』は、旅行好きの方から、留学生、ビジネスマンに至るまで、複数の国に渡航する機会のある利用者にとって、便利で安心な海外専用のトラベルプリペイドカードです。1つのカードで7通貨(日本円、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル)に対応しており、渡航先に合わせて外貨建てで入金が可能です。海外への渡航前に日本で入金すると、現地でMasterCardマークのあるATMから現金を引き出せるだけでなく、渡航先のMasterCard加盟店でキャッシュレスに支払いができます。MasterCardのオンライン加盟店でも利用できるので、海外のオンラインショッピングにも使えます。


『マルチカレンシーキャッシュパスポート』のその他の主な特長は以下の通りです。

【便利でスマートに利用可能】
・プリペイドカードなので、審査はなく、日本在住の方であれば利用可能です。

・渡航先に合わせて、それぞれの通貨に外貨建てで入金することで、事前にレートが固定でき、為替レートの変動リスクが回避できます。

・残高は、次回の旅行時に利用できるほか、清算や、カード内のほかの通貨に移動させることができます。

・専用ウェブサイト「マイアカウント」 (https://www.cashpassport.com/mcp-chweb/McpApplication.html?locale=jp_CP) にて、残高の確認や通貨の移動など、利用者自身でカード管理ができます。


【万が一の時も安心】

・EMV対応のICチップが搭載されているためカード保有者の個人情報を含め、店頭やATMでのすべての取引データを守る高いセキュリティが確保されています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング