JBLサウンドを実現するカースピーカー JBL AUTOMOTIVE SPEAKERS「GXシリーズ」新発売。

PR TIMES / 2014年8月8日 9時28分

JBLの持つパワフルで、高音質なサウンドを車内で体感できるオートモーティブスピーカー登場。

JBLから、アフターマーケット向けオートモーティブスピーカー「GX シリーズ」を8月上旬に発売します。パワフルで、高音質なサウンドを車内で体感できるスピーカー「GX シリーズ」が、楽しく、アクティブなドライブを提案します。
http://goo.gl/Pd4ufM



ハーマンインターナショナル株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:仲井一雄)は、米国オーディオブランドJBLから、アフターマーケット向けオートモーティブスピーカー「GXシリーズ」を8月上旬に発売します。

「GXシリーズ」は、HARMANの特許取得済みツイーター・デフレクター、最大21kHzの周波数特性、Plus Oneウーファーコーン、3Ωボイスコイル、ソフトドーム・ツイーターなどによりJBLの持つパワフルで、高音質なサウンドを車内で体感できるスピーカーです。容易な取付加工で幅広い車種へのインストールが可能。車種を選ばずJBLサウンドをお楽しみいただけます。

JBLオートモーティブスピーカー「GXシリーズ」が、楽しく、アクティブなドライブを提案します。

※本シリーズ取扱店は、JBLホームページ内『JBL CAR AUDIO取扱いショップリスト』(http://jbl.harman-japan.co.jp/shoplist/)でご確認いただけます。


[特徴]

■Plus Oneウーファーコーン
HARMANは特許付(米国特許#7,548,631)Plus Oneポリプロピレン・コーンの採用により、コーンエリアの拡大を実現しています。これにより同クラスのスピーカーと比較して、低域再生能力の飛躍的向上と高能率化を獲得しました。

■エッジ駆動ソフトドーム・ツイーター
ソフトドーム・ツイーターはスムーズな高音域特性および許容入力の拡大を実現し、ボーカル、シンバル、金管楽器、ピアノのサウンドをより活き活きと再現します。

■3ΩDCRボイスコイル
卓越したサウンドを容易に引き出すため、低インピーダンス3Ωボイスコイルを装備。アンプから一層のパワーを引き出す設計としています。クリアーで豊かなサウンドが体験できます。

■優れた周波数特性&出力音圧レベル
全帯域に渡りフラットなサウンドレスポンスを確保。高い出力音圧レベルにより、パワーアンプから送られるシグナルを高能率にて音声変換します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング