クラウドワークス、株式会社エス・エム・エスと業務提携 全国1万7千超の介護事業所へ向けたデザイン作成支援サービスを共同で展開

PR TIMES / 2014年6月20日 15時50分

株式会社クラウドワークス(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:吉田 浩一郎 以下「当社」)は、株式会社エス・エム・エス(本社所在地:東京都港区、代表取締役社長:後藤 夏樹、東証一部上場、以下「エス・エム・エス」)と業務提携し、介護事業所向けのデザイン作成支援サービスを開始しましたのでお知らせいたします。



当社は「21世紀の新しいワークスタイルを提供する」というミッションの下、個の力を最大限活性化し、社会の発展と個人の幸せへ貢献することを目指し、クラウドソーシングサービス「クラウドワークス」(http://crowdworks.jp/)のクローズドβ版サービスを2012年3月21日に開始いたしました。以来、2014年5月までの累計発注社数は約3.3万社に増加、登録された仕事の予算総額は110億円を突破し、サービス開始からの2年で月間流通総額は20倍以上に成長。会員登録も17.8万名を超え、拡大するクラウドソーシング市場でも際立った成長を遂げております。

一方、中小介護事業者の業務効率化及び財務状態の改善を行う総合的な経営支援サービス「カイポケ」を運営するエス・エム・エスでは、採用支援や営業支援など、20種以上のサービスを展開。2014年現在、全国約17,500以上の介護事業所が会員となっておりますが、同社が事業者に向けて実施したアンケート調査では、約7割の回答事業所が、事業所開設に際して必要になる販促ツールを制作する際のデザイン会社の選定や成果物の品質、費用のバラつき等についての不安や不満を感じており、良質なデザイナーとのマッチングが事業立ち上げ時の課題のひとつであることがわかりました。

こうした背景をうけ、当社は、エス・エム・エスと業務提携。同社のサービスを利用する17,500以上の介護事業所へ向けて、名刺、チラシ、ロゴ、看板などの介護事業運営に必要な各種販促ツールのデザインを手軽に発注できる「デザイン作成支援サービス」の提供を開始いたしました。今後、エス・エム・エスと当社では、年間5,000拠点以上が新設される全国の新規介護事業所に向けてもサービスの利用を促進。本サービスを通じて、介護事業所のスムーズな事業立ち上げと、良質な介護サービスの提供に集中できる環境作りを支援してまいります。

2. デザイン作成支援サービスの概要
エス・エム・エスが提供する介護事業所向けの支援サービス「カイポケ開業支援サービス」のひとつとして提供される、名刺、チラシ、ロゴ、看板などの販促ツールをスピーディに発注できるサービスです。「カイポケ開業支援サービス」上に用意される専用の入力フォームで必要事項を記入して発注すると、クラウドワークス上でデザイナーとのマッチングが行われ、希望納期にあわせて事業者の手元にデザイン成果物が納品されます。これにより、介護事業者は制作会社の選定に迷うことなく、発注から納品までを円滑に進めることが可能となります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング