日本コーンスターチ、食品業界初ISO22301認証取得

PR TIMES / 2014年4月15日 15時22分

~日本コーンスターチ、万全の安定供給体制の確立~

総合澱粉メーカーの日本コーンスターチ株式会社(東京都港区 代表取締役社長 倉地聡一郎)は、BCMS(事業継続マネシ゛メントシステム) (Business Continuity Management Systems)の国際規格であるISO22301が5月15日に正式発行されて以来、ISOからの認証取得としては日本企業として初めてISO22301の認証を取得致しました。

日本コーンスターチ株式会社

総合澱粉メーカーの日本コーンスターチ株式会社(東京都港区 代表取締役社長 倉地聡一郎)は、BCMS(事業継続マネシ゛メントシステム) (Business Continuity Management Systems)の国際規格であるISO22301が5月15日に正式発行されて以来、ISOからの認証取得としては日本企業として初めてISO22301の認証を取得致しました。

この国際規格ISO22301は組織の重要な製品またはサービスに重大な影響を与えるインシテ゛ント発生の際に、「事業を継続する」「人命を守る」ために必要な企業活動を管理するマネシ゛メントシステムです。
東日本大震災を契機に、災害の被害を最小限に抑える対策とともに、被災後の早急な復旧対策の大切さがクローズアップされております。このBCMS(事業継続マネシ゛メントシステム)を確実に実現するための手法であるISO22301の認証を取得するにあたって、内閣府中央防災会議のメンバーとして参画しているNKSJリスクマネシ゛メント株式会社様の指導の下、全社一丸となって取り組み、約6ヶ月と異例の早さで、ISO22301の認証を取得することができました。

このBCMS(事業継続マネシ゛メントシステム)は継続的に改善していくことで、有事の際の的確な対応力をさらに高め、素早い復旧や有効な事業継続が可能になります。この国際規格ISO22301の認証取得により、既存のお客様はもちろんのこと、新規のお客様にも、安心して弊社製品をお使いいただけるものと考えております。

弊社では、すでに4年前に約16億円をかけて、建屋(大成建設(株))、地盤(鹿島建設(株)の子会社であるケミカルク゛ラウト(株))、機械設備(東海フ゜ラントエンシ゛ニアリンク゛(株))について東海・東南海地震(M8.1)を想定した耐震工事が完了しております。このほかにも自社で用水、電気、蒸気の生産(自家発電設備、井戸を保持)を行っております。また常時トウモロコシや工場を稼働させるために必要な重油、化学品などを備蓄し、更に防潮堤完備による津波対策など、万全の安定操業体制を整えております。
今後も弊社は「安心」「安全」、そして「高品質」の製品を、“万全の安定供給体制”でお客様にお届けしていくことで、社会に貢献していく所存であります。

■会社概要
社 名:日本コーンスターチ株式会社
代表者:代表取締役社長 倉地 聡一郎
本社所在地:〒107-0052 東京都港区赤坂一丁目11番44号 赤坂インターシティ3階
電 話:TEL(03) 5570-7000(代)
創 業:慶応3年
設 立:昭和37年9月20日
資本金:1億円
売上高:610億円(2013年8月期)
従業員数:315名(2013年8月現在)
事業内容:コーンスターチ,糖化製品,化工澱粉,コーンサラダオイル,副産物およびその他関連製品の製造・販売

以 上

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング