ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾート、日本で話題沸騰中のレモン塩のようなオリジナル特製塩を使った料理を紹介

PR TIMES / 2014年9月26日 14時9分



ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾート(所在地:米国ハワイ州ホノルル市、以下ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ)内のワイキキビーチを一望するレストラン「バリ・ステーキ&シーフード(Bali Steak & Seafood)」では、日本でも魔法の調味料として話題の“レモン塩”のように、スモーク塩、シトラス塩、バニラ塩などのオリジナル特製塩を使い、素材の良さを最大限に引き出す料理を提供しています。

バリ・ステーキ&シーフードの料理長として昨年11月に就任したJJ・ラインハートは、可能な限りハワイの食材を使用する“アイランド・ハーベスト・キュイジーヌ”をコンセプトに、長年引き継がれているレシピを再現した新メニューを今年発表しました。そのメニューの中でも、ハワイ島コナ産のシーソルトをベースにしたオリジナルの特製塩をふんだんに活用しています。シーソルトは、670メートルの深さから汲み上げた海水を使用するため、汚染のないミネラル成分をたっぷり含んでいます。南国ハワイの強い日射しと風だけで天日干しされ、塩を結晶化させながら手揉みで塩作りが行われています。このシーソルトは栄養豊富ということだけでなく、通常のテーブル塩よりナトリウム成分が48%も少ないため、まろやかさと深みのある塩味が特徴で、非常に大きな結晶があることから料理に使用する塩には最適です。

バリ・ステーキ&シーフードでは、鮪のたたきやハマクア産トマトとフェタチーズのサラダのように、素材の良さを最大限に引き出すために、コナ産シーソルトをプレーンのまま使用していますが、このハワイアン・ソルトを使ったオリジナル特製塩と料理を下記の通りご用意しています。


スモーク塩(Smoked salt)

ハワイ産キアヴェのウッドチップを使い、塩を最低でも4日間燻製します。この燻製によって塩の色は焦げ茶色に変わり、塩の中に非常に強いスモークの香りが浸出します。このスモーク塩は、レストランで提供するすべてのステーキ料理の味を決める時、厨房からお客様のテーブルに運ばれる寸前に使用します。また、すべての料理に付いてくるゴルゴンゾーラ・バターの重要な調味料でもあります。

★ デルモニコ(Delmonico) 58ドル
  22日間熟成させた骨付きプライムリブアイステーキ(340g)
★ トマホーク(Tomahawk) 120ドル(2人前)
  28日間乾燥熟成させた大きな骨付きプライムリブアイステーキ(1,020g)
★ フィレミニヨン(Filet Mignon) 45ドル(226g) 54ドル(340g)
  ブラックアンガス牛のヒレステーキ
★ ニューヨーク・サーロイン(New York Sirloin) 48ドル
  21日間熟成させたプライムグレードステーキ(340g)

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング