21_21 DESIGN SIGHT 企画展「活動のデザイン」に協賛

PR TIMES / 2014年10月24日 13時22分

バルミューダ株式会社(本社:東京都武蔵野市/代表取締役社長 寺尾玄)は、本日から開催される 21_21 DESIGN SIGHT 企画展「活動のデザイン」に協賛いたしました。また、本会場には空気清浄機「AirEngine」も導入されています。



企画展「活動のデザイン」は、21_21 DESIGN SIGHT、公益財団法人 三宅一生デザイン文化財団が主催となり、日本と世界のデザインの動きに精通したジャーナリストの川上典李子と、ストックホルムを拠点にアートとデザインのキュレーターとして活躍する横山いくこのディレクションのもと、10ヶ国以上から24組のクリエーターによる多彩な活動が揃うデザイン企画展です。

本展では手にとることのできるものづくりに限定せず、社会が抱える課題を読み解き、問題を解決しようとする意志や活動そのものに目を向けています。紹介するのは、世界を俯瞰するクリティカルなアプローチをはじめ、社会との新しい関係を築く提案、現在から未来を見通すリサーチです。バルミューダ株式会社は、その姿勢に共感し、協賛をいたしました。


企画展「活動のデザイン」ウェブサイト
http://www.2121designsight.jp/program/fab_mind/


プレスキットのダウンロード
製品画像、テキストは下記ページよりダウンロードいただけます。
http://www.balmuda.com/jp/press/


バルミューダ株式会社について
バルミューダは2003年に東京で設立された家電メーカー。この時代に製品を作り、それを販売し、お客様にご利用いただくメーカーとして、『最小で最大を』という理念に基づいて行動しています。2010年に発表した「GreenFan」は特許技術の羽根により扇風機ではじめて自然界の心地よい風を再現し、「DC扇風機」という新しい市場を作りました。また2012年には循環気流を使った新しいコンセプトの空気清浄機「AirEngine(旧名称:JetClean)」を発表。革新性、機能性が評価され、グッドデザインベスト100(日本)、iFゴールドアワード(ドイツ)、レッドドットデザインアワードを受賞。世界各国で認められています。
http://www.balmuda.com/jp/about/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング