松本信用金庫とインクグロウ、事業承継支援で業務提携

PR TIMES / 2019年9月24日 18時40分

『事業引継ぎ.net』を活用して事業引継ぎを支援

 松本信用金庫(本店:長野県松本市、理事長:田中 鈴生)は、全国の提携金融機関ネットワークを活用し、中小企業の事業引継ぎを支援するマッチングプラットフォーム「事業引継ぎ.net」( https://www.hikitsugi-net.com/)を運営するインクグロウ株式会社(所在地: 東京都中央区、代表取締役社長: 鈴木 智博)と事業承継支援に関する業務提携をいたしました。
 県内では初の取り組みであり、今後、長野県下の地域金融機関や中小企業支援機関とのネットワークを広げていく事で“地域内”での事業の引継ぎを強化する方針です。

■業務提携の背景
 帝国データバンクが2018 年 10 月時点の企業概要データベースに基づき、長野県内 4817 社を対象に後継者問題と事業承継動向を調査したところ、後継者不在率は64.9%、社長が「60 代」の企業でも半数以上が後継者不在である事が分かりました。業績好調ながら後継者不在で事業継続を断念するケースもあり地域の雇用や経済への影響も少なくありません。そのような中、後継者不在に対する解決策として第三者への事業承継を促進する事が課題となっています。
 また、第三者への事業承継を推進するために多くのマッチングサイトが立ち上がっていますが、譲受側企業は何れも首都圏に集中しており、長野県下における“地域内”での譲受側企業確保が課題となっています。

■業務提携の内容
 今回、全国の金融機関の事業承継マッチングプラットフォーム「事業引継ぎ.net」を活用する事で、企業が安心して事業引継ぎを行えるよう、金庫職員がサイト登録や“相手探しの相談窓口”としてサポートをできるようになります。

■「事業引継ぎ.net」について( https://www.hikitsugi-net.com/
 インクグロウが提携する金融機関ネットワークを活用した、中小企業の事業引継ぎを支援するマッチングプラットフォームです。 WEBサイトを通じた企業情報マッチングにおける課題を金融機関行職員との連携により解決いたします。
 2019年8月より、北陸エリアで金融機関3行庫、静岡エリアで金融機関3金庫と活動を開始しており、2019年度中にも関東、東海、関西と更にエリアを拡げ約15金融機関との提携を予定しています。それに伴い、サイト登録企業数も今後1年以内に1万社超を目指しております。

<WEBサイトを通じた事業引継ぎ支援における課題>
・中小企業の60~70代の経営者はWEBサイトを利用しての情報収集に積極的ではない
・WEBサイト上で情報交換した“顔の見えない”企業では不安を感じる

<「事業引継ぎ.net」を活用した支援のポイント>
・事業譲渡を検討する経営者が自らサイトへの登録や交渉をするのではなく、日ごろから良く知る取引金融機関が代わりに相手探しをしてくれる事で、第三者への事業承継を検討しやすくなる
・金融機関専用のマッチングサイトなので、譲渡側企業も譲受側企業も金融機関の取引先であり、安心感がある

■松本信用金庫( https://www.matsumoto-shinkin.jp/
商号:松本信用金庫
代表者:理事長 田中 鈴生
所在地:長野県松本市丸の内1番1号
設立:大正11年2月
事業内容:長野県内に営業店舗28店舗を有する金融機関

■インクグロウ株式会社( https://incgrow.co.jp/)
商号:インクグロウ株式会社
代表者:鈴木 智博
所在地:東京都中央区日本橋人形町1-2-5
創立:平成2年7月
事業内容:全国120以上の地域金融機関との業務提携による中小企業支援業務

本リリースは松本信用金庫とインクグロウ株式会社の共同リリースです。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング