ミキハウス 《コロナ禍の育児調査&子育て川柳》を発表!

PR TIMES / 2021年2月25日 13時45分

◆7,600名への大調査◆約70%が「コロナ禍で家族の時間が増えて良かった」と回答、◆2021年、川柳のテーマは「コロナ禍1年の子育て」◆3765句もの作品が寄せられ、優秀作品として13句を発表!

ミキハウスブランドのベビー&子ども服およびベビー用品の企画・販売を手掛ける三起商行株式会社(大阪府八尾市、代表取締役社長:木村 皓一)は、「ミキハウス ベビークラブ」会員によるコロナ禍の≪子育てリアル調査&子育て川柳≫を「ミキハウス出産準備サイト」にて発表いたします。



2020年は新型コロナウイルス流行のため、マスクや手洗い、密を避けるなどこれまでの生活が一変、子育ての環境でも小さな子どものいる全国のパパ・ママや赤ちゃんを迎えようとしているプレパパ・プレママには家族のこと子育てのことなど多くのことを考える1年になりました。今回「ミキハウス ベビークラブ」会員に向けて行った、本調査では7,600人の全国の男女がコロナ禍の子育てについて回答、さらに3765人の方がコロナ禍に感じたリアルな思いを川柳にして送ってくださいました。

調査や川柳を通して、伝わってきたのはコロナ禍でも多くのパパ・ママが家族とすごす時間が増え、絆を強めていることを肯定的に捉えている様子でした。どんな状況でもついイライラしたり、困ってしまったり、悲しい時、そして同時に喜びや学びがあるのが子育てであると全国のパパ・ママに教えてもらいました。あわせて、寄せられた川柳ではコロナ禍のリアルな家族の情景が伝わってきます。同じ悩みや喜びを感じているご家族の癒しになればと考え、優秀作品として13の句を選出させていただきました。


「ミキハウス出産準備サイト」では、出産前の不安や子どものワクチン、夫婦間のお話、専門医でもある慶應義塾大学名誉教授 産婦人科医の吉村泰典先生の“withコロナ”の出産、妊娠のアドバイスなど様々な記事を配信中です。ミキハウス出産準備サイト: http://baby.mikihouse.co.jp/

コロナ禍の子育てリアル調査
《調査概要》
期間:2020年12月18日~2021年1月18日
調査対象者:「ミキハウス ベビークラブ」会員のうち、お子さんのいる方、現在 妊娠中の方
調査エリア:全国
調査方法:会員向けインターネット調査
有効回答数:7600名(男性1.8%、女性98.2%)(妊娠中41.4%、産後58.6%)

《調査詳細》
衛生意識が高まったものの、友達や旅行の回数が減少
Q1. コロナにより、生活様式に変化はありましたか?(MA:n=7600)
[画像1: https://prtimes.jp/i/27487/9/resize/d27487-9-280671-1.png ]

特に変化はないと答えた人は0.6%にとどまり、多くの家族が生活の変化を余儀なくされた。

約7割近い人が家族といる時間が増えたと回答
Q2.この1年、家族といる時間は増えましたか?(SA:n=7600)
[画像2: https://prtimes.jp/i/27487/9/resize/d27487-9-967106-2.png ]

約7割近い人が家族の時間が増えたことに「よかった」と好意的
Q3.「家族との時間が増えたこと」は、あなたにとってよかったですか。それともストレスを感じましたか? (MA:n=5190)
[画像3: https://prtimes.jp/i/27487/9/resize/d27487-9-851608-3.png ]

「よかった」が最も多いも67.8%だったものの、3割の人は良いことも悪いこともあったと感じている結果に。

Q4. 家族の関係が「良くなった」と答えた人へ具体的に教えてください。(OA)
・ よく会話をするようになり、主人も仕事の話もよくしてくれるようになり、お互いの有り難みのようなものが増した気がします。(33歳 女性)
・夫の出社頻度や飲み会の回数が減り、ふたりで自宅にいる時間が増えた。 一緒に食卓を囲むことも多くなり、これから生まれてくる子のことについて話す機会も増えた。(33歳 女性)

家族やパートナーとの会話が増えた、家族を大切に想うようになったは5割以上の回答
Q5家族とすごす時間が増えたことで、どんな良いことがありましたか? (MA:n=3519)
[画像4: https://prtimes.jp/i/27487/9/resize/d27487-9-340958-4.png ]

「子どもの成長をじっくり見守ることができた」が47.3%で上位に。改めてコロナ禍で家族との向き合い方を考えた人も多そう。

最も多いのは61.0%で「家族以外の人とのコミュニケーション」。特に未就学児は大きな悩みになっていることが伺える結果に。
Q6.コロナ禍の子どもの育て方に関する悩みや不安について。あてはまるものを教えてください。 (MA:n=7600)
[画像5: https://prtimes.jp/i/27487/9/resize/d27487-9-693629-5.png ]

「新生児や乳児用の除菌(51.7%)」や「子どもの健康状態(48.2%)」、「病院に気軽に行きにくい(45.3%)」も約5割となる高いポイントに。

Q7.なにかと不安の多い状況ですが、子育てをしていて嬉しかったこと良かったと思ったことを教えてください。 (OA)
・家族でリンクコーデをすること!(29歳 男性)
・ コロナ禍だからこそ、オンラインでの講座や助産院との繋がりを持てることができたと思っているので、結果的にそういった機関に頼ることができ、良かったと思っています。(34歳 女性)

ミキハウス子育て川柳-コロナ禍1年の子育て-
「ミキハウス ベビークラブ」会員を対象に、子育ての喜びや感動を五・七・五の17音にのせた「ミキハウス子育て川柳」を募集。第2回目になる今年のテーマは「コロナ禍1年の子育て」。応募総数3,765句の作品の中から、13句を優秀作品に選出し「ミキハウス出産準備サイト」にて発表中。本リリースでは5句を抜粋していますので、他の作品が気になる方はぜひ、「ミキハウス出産準備サイト」をご覧ください。

[画像6: https://prtimes.jp/i/27487/9/resize/d27487-9-382542-6.jpg ]

【作者コメント】
自粛期間中、外に出られなかったため、子どもと手をつなぎ家中を何往復も歩いたこと。
【ミキハウス子育て川柳選定委員からのメッセージ】
コロナのため、お出かけができず、妊娠中のウォーキングや上の子との散歩もままならない毎日。できないことをできることに変えていく、前向きさに拍手を送りたいです。こんな風に毎日家の中をぐるぐると歩き回っているママ、パパも多いのでは?子どもはママやパパと手をつないで歩けば、そこが一番のお散歩コースなのかもしれません。楽しそうな様子が目に浮かびます。。


[画像7: https://prtimes.jp/i/27487/9/resize/d27487-9-741938-7.jpg ]

【作者コメント】
今まで娘任せだったスマホの設定。コロナのため娘にも会えず、スマホに慣れない祖父母も、孫の写真・動画見たさに、必死に自分でアプリをダウンロードし使い方を習得していました。
【ミキハウス子育て川柳選定委員からのメッセージ】
孫に会えないさみしさ、会いたいという想いが、おじいちゃんやおばあちゃんに、スマホのアプリを習得という行動に移させている、お孫さんの力ってすごいですね。ふたりで一生懸命アプリをダウンロードして、使い方を娘や息子夫婦に聞きながら、うれしそうに画面ごしにお孫さんと対面している様子が目に浮かびますね。とってもほほえましいです。


[画像8: https://prtimes.jp/i/27487/9/resize/d27487-9-974080-8.jpg ]

【作者コメント】
お出かけ好きの赤ちゃんが、親がマスクをするとお出かけとわかるようになり、うれしそうにする様子
【ミキハウス子育て川柳選定委員からのメッセージ】
とってもかわいい作品!お話しできなくてもマスクをするとお出かけだ!と小さい赤ちゃんでもわかって喜んでいる様子、そのにっこり笑顔が目に浮かびます。毎日日本中、世界中のママやパパと赤ちゃんとの間で繰り広げられているマスクごしのほほえましいコミュニケーション。赤ちゃんの察知能力もすごいし、一瞬を切り取る作者の力にも拍手です。


[画像9: https://prtimes.jp/i/27487/9/resize/d27487-9-435215-9.jpg ]

【作者コメント】
緊急事態宣言やあれやこれやの自粛で気持ちが滅入っている時に、胎動を感じ、なんとも言えないうれしい気持ちになった

【ミキハウス子育て川柳選定委員からのメッセージ】
コロナ禍でも笑顔ですごしたい・・・そう思っていても、しんどくなるとき、やるせない気持ちになるときがあるものですね。そんな時でも、お腹の中にわが子の存在を感じ、はげまされているような、救われているような気持ちになったママの気持ち、とても共感できます。赤ちゃんが、だいじょうぶだよとお腹の中から教えてくれているのかもしれませんね。


[画像10: https://prtimes.jp/i/27487/9/resize/d27487-9-299780-10.jpg ]

【作者コメント】
除菌だ!除菌だ!と、手とよく触る場所は清潔にしているのですが、家の中で遊ぶしかないので、部屋は一生片付かないまま。
【ミキハウス子育て川柳選定委員からのメッセージ】
さな子どもとずっと家にいると、子どもたちは一日中遊んでいるので、リビングもテーブルの上もおもちゃだらけ・・・片付くひまがありませんね。「きれいになるのは自分たちの手ばかり」という様子を的確に切り取っていて、自分の家もだわ・・・と共感した一句です。うまい!と言ってしまいました。


◆「ミキハウス出産準備サイト」とは
[画像11: https://prtimes.jp/i/27487/9/resize/d27487-9-152523-11.png ]



[画像12: https://prtimes.jp/i/27487/9/resize/d27487-9-669663-12.png ]



すべての人に、妊娠、出産、子育てに前向きに取り組んでいただきたい。そのために、独自に取材した良質な情報コンテンツを提供していくサイトです。
※本調査・川柳に関連する記事はコチラから!
https://baby.mikihouse.co.jp/information/post-14464.html

<主なコンテンツ>
妊娠・出産インフォ/出産準備・子育てのために出産準備から生まれてから1年間必要なもの/ベビー用品について  他多数。
Twitterでも情報配信しています。 妊娠出産インフォ @baby_mikihouse]

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング