横浜デザインビューロがAMS(Amazon Marketing Service)代行のサービスを開始

PR TIMES / 2019年1月30日 15時40分

手間と知識の必要なAMS(Amazon Marketing Service)運用をウェブマーケティングの実績10年以上の横浜デザインビューロが運用代行し、貴社商品の売上を最大化します。

横浜デザインビューロ(所在地:神奈川県横浜市南区永田北3-8-2-404、代表:盛田一成)はAMS(Amazon Marketing Service)運用代行のサービスを新たに開始しました。



[画像: https://prtimes.jp/i/31135/9/resize/d31135-9-900036-0.jpg ]

【横浜デザインビューロのAMS(Amazon Marketing Service)運用代行について】
AMS(Amazon Marketing Service)はAmazon内に商品を露出できる広告です。Amazonで売上を上げていくには、お客様がキーワードで商品を検索した際の商品の掲載順位を上げていくことが重要です。Amazonでの上位表示には商品の販売数や商品の露出を上げていくことが必須となっており、Amazonでの商品販売の多くが検索結果の1ページ目で発生しています。そこで、Amazon内での広告であるAMSを活用し、商品の露出を増やし、商品の露出と商品の販売数を伸ばしAmazonでの売上を継続して伸ばすサイクルを生み出します。

AMSで表示できる広告には3種類あり、スポンサープロダクト広告、スポンサーブランド広告、商品ディスプレイ広告の3種類があります。それぞれの広告の特徴や強みに合わせて、貴社の商品から最適な広告キャンペーンを設計し、モニタリングしていきます。

広告に出稿する商品の選択やキーワードの選定、広告キャンペーンのモニタリングや広告キャンペーンの改善など、すべて横浜デザインビューロにおまかせください。貴社商品に合わせた最適な広告キャンペーンを設計します。

横浜デザインビューロはWebマーケティングで10年以上の経験・実績があります。様々な業種・規模の企業様のWebマーケティングをサポートし、結果に結びつく施策を実施してきました。

手間や時間のかかるAMS(Amazon Marketing Service)運用を横浜デザインビューロが代行し、貴社はカスタマーサービスや新商品開発や仕入れなど、お客様満足度を向上する業務に集中できます。

【AMS(Amazon Marketing Service)運用代行の流れ】
まずは、貴社の商品の特徴や競合商品との違い、強み、関連するキーワードや商品カテゴリをヒアリングいたします。Amazonに登録されている商品情報を確認し、広告出稿に最適な商品を選択し、AMSの広告キャンペーンを作成します。貴社の広告予算に応じて最適な結果になるよう広告キャンペーンを調整し、キーワードの最適化やキャンペーン予算の調整、新規キャンペーンの追加を随時行い、商品露出を高め広告経由の売上を伸ばしていきます。

【AMS(Amazon Marketing Service)運用代行の価格】
取扱商品数や広告予算に応じて変動いたしますが目安としては広告対象商品点数50SKU・使用予定の月額広告費10万~15万円程度で月額費用が3万円(税抜)~となっております。
【AMS(Amazon Marketing Service)運用代行のサービス紹介URL】
https://design-bureau.yokohama/amazon-marketing-service

【AMS(Amazon Marketing Service)運用代行に関するお問い合わせ先】
横浜デザインビューロのホームページ内、問い合わせフォームにてお問い合わせを受け付けております。
https://design-bureau.yokohama/contact

【横浜デザインビューロについて】
横浜デザインビューロ
代表:盛田一成
創業:2017年12月
所在地:〒232-0071 神奈川県横浜市南区永田北3-8-2-404
事業内容:横浜の中小事業者様向けマーケティング・プロモーションサポート・ホームページ制作・グラフィックデザイン・翻訳・動画制作
ホームページ: https://design-bureau.yokohama

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング