米国では心のケアが必要な人が急増、With/Afterコロナで人工知能のセラピーアプリAshleyの利用者は月次平均80%増

PR TIMES / 2020年6月18日 11時40分

HoloAshは人工知能を活用した対話エンジンAshleyで米国のWith/Afterコロナ下のメンタルを支援

(サンフランシスコ)HoloAshは人工知能を活用した対話エンジンAshleyで米国のWith/Afterコロナ下のメンタルを支援し続け、月次平均80%以上の成長を遂げ、5月末に行われたPlug and Play Kyotoでは、ベスト海外スタートアップに選ばれました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/32627/9/resize/d32627-9-473821-1.png ]


今、世界はコロナ一色に染まっています。 コロナの感染者数は日本ではある程度落ち着きましたが、世界中ではいまだにその猛威を奮っています。米国では、毎日2万人以上の新規感染者が報告されており、人権問題も相まって暴動が各地で置きはじめている。行き先の見えない状態への不安、ストレスの行き場もない状態が、米国では続いています。

また、感染回復者が増えていく中で、別の問題が発生していることはご存知でしょうか? PICSという精神障害、認知機能障害があります。PICSは集中治療室(ICU)在室中あるいは退室後、さらには退院後に生じる身体障害・認知機能・精神の障害のことです。ウィズ、アフターコロナの精神的な闘いの課題は大きく、アメリカ国勢調査局の調査によると、新型コロナウイルスの脅威にさらされる国民の3分の1が 精神的な不調に苦しんでいるとされています。

(参照)
https://www.washingtonpost.com/health/2020/05/26/americans-with-depression-anxiety-pandemic

会えない、高い

セラピストやカウンセラーの社会における役割は増していく一方で、金額が高く予約も取りづらいのが現状です。
米国でのセラピーやカウンセリングは30分で200ドル以上のことも多く、アクセスはよくありません。コロナの影響で会うことも難しく、その上金額も高い。厳しい現実が待っています。

人工知能がセラピーを

HoloAshはメンタルをケアするセラピーを元にした人工知能を開発しています。Motivational Interviewと呼ばれる手法を使って、ユーザーと人工知能の対話を実現しています。
精神科医やHarvard大学卒のヘルステックアドバイザーGail Christine Gannonがサポートしており、研究開発を進めています。
音声対話を利用して、ユーザーの心理状態を発話された音声から読み取っていき、返答を返していくことによって、よりユーザーの心に寄り添う対話を実現してきます。
[画像2: https://prtimes.jp/i/32627/9/resize/d32627-9-650374-3.png ]



HoloAshのCMOである、Su Tugcu曰く「今私たち人類が必要なのは、”話を聞いてくれる存在”です。孤独を感じ、ストレスも増大し、ドメスティックバイオレンスも増加しています。SNSは言葉の暴力で溢れ、辛い日々を送っているかもしれません。Ashleyはそんな時に、いつでも話をじっくり聞いてくれる、そんな存在です。」
[画像3: https://prtimes.jp/i/32627/9/resize/d32627-9-417881-0.png ]


未来の人工知能

HoloAshの人工知能はメンタルをケアするだけには止まりません。AlexaやSiri に置き換わる、未来の人工知能を目指していってます。現在の人工知能のアシスタ ントは、機能的であり合理的な人工知能です。
一方で、HoloAshが目指す人工知能はSmall Talk(雑談)に対応する人工知能。感情的なサポートを目指しています。市場がない中で、市場を作っていくためにも、メンタルヘルスの領域からビジネス化を目指し、将来のAIフレンドの市場を作りたいと考えています。 HoloAshの代表、岸氏はこう言います。「我々が作りたいのは”違い”が生きる社会システム。合理的な人工知能ではなく、それぞれの違いを理解し、人に寄り添うAIフレンドを作っていきたい。」


[画像4: https://prtimes.jp/i/32627/9/resize/d32627-9-971496-5.png ]


Plug and Play Kyotoの海外最優秀スタートアップに
HoloAshは先日5月27日に行われた、Plug and Play KyotoのDemo Dayでは、海外の最優秀スタートアップに選出。グローバルに挑戦する姿勢、社会性の高い事業、そして、お金がない中でも、大きな成長を遂げる点に票が集まりました。
Pitch Deckはこちら
https://bit.ly/holoash_sr

HoloAshについて
HoloAshは2018年に創業の米国のスタートアップ。500 StartupsやPlug and Play Kyotoなどのアクセラレーションプログラムに参加し、未来の人工知能の開発を行っています。

Headquarter: San Francisco / US
Japan Branch: Tokyo / Japan
CEO: Yoshua Kishi
Email: yoshua@holoash.com / su@holoash.com
Website: https://holoash.com/
Ashley: https://ashley.chat

[画像5: https://prtimes.jp/i/32627/9/resize/d32627-9-809332-4.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング