EC店舗の立ち上げから運営、ロジスティクス業務まで。セールスプロモーション会社が一貫でサポートする「ECフルサポ」サービスの提供を開始いたします。

PR TIMES / 2020年11月4日 9時45分

「Shopify」を活用したセールスプロモーション会社ならではのトータルECサービス

セールスプロモーションの製作運用を通じて企業のマーケティング活動を支援するPXC株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役:川崎國博、以下:PXC)は、COVID-19が引き起こした生活環境の変化に伴う自社EC店舗需要の急伸を受け、EC店舗の立ち上げから運用、集客、倉庫業務、配送業務までを一貫でサポートする「ECフルサポ」サービス( https://service.pxc.co.jp/ec-fullsuppo/)の提供を開始いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/42827/9/resize/d42827-9-372668-0.png ]

■「ECフルサポ」サービスとは
自社EC店舗の立ち上げからサイト運営業務、国内自社工場による商品の入出庫対応、在庫管理からアセンブリ業務、配送までをワンストップで実施する、世界シェアNo.1の「Shopify」を活用したEC店舗構築運営サービスです。

■自社EC店舗の必要性
Amazonや楽天市場のような大手モール型ECサイトへのテナント出店には集客力や信頼性というメリットがあります。一方でテナント料やロイヤリティを支払うだけでなく、「Amazonや楽天市場で購入した」という消費体験から自社製品のブランディングが難しく、顧客データの二次利用にも制限がありマーケティングに活用しづらいというデメリットも存在します。自社EC店舗では初動の集客に弱みはあるものの、テナント料がかからずコストを削減でき、オリジナルのデザインやカスタマイズ、顧客データの活用による独自のブランディング構築がしやすいという特徴があります。D2C(Direct to Customer)の急成長が証明するように、顧客を理解し最適な顧客体験を提供していく自社EC店舗の存在は、COVID-19によって生活者の行動変容が続いていくこれからの社会においては必要不可欠となります。
[画像2: https://prtimes.jp/i/42827/9/resize/d42827-9-902855-1.png ]

■600坪を超えるストックヤードの国内自社倉庫を保有するセールスプロモーション会社ならでは付加価値提供
自社EC店舗の立ち上げ、運営には集客のための広告運用や購入を促すプロモーション企画の実施が欠かせません。「ECフルサポ」では動画、バナー、リスティング広告といったWeb広告による店舗立ち上げフェーズでの集客から売上改善まで伴走します。そしてSNSの情報拡散力を活かしたキャンペーンによる新規ユーザーの獲得や、ユーザーのブランドロイヤルティを高めるEC限定セット商品の企画、ノベルティ製作、商品とのアソート作業、梱包配送のワンストップサポートなど、店舗とブランドの発展をセールスプロモーション会社としてご支援いたします。
[画像3: https://prtimes.jp/i/42827/9/resize/d42827-9-265932-2.png ]

■ECフルサポでできること


「Shopify」を活用した自社EC店舗の立ち上げ
集客、売上UPにつながる広告運用、プロモーション活動のご支援
「撮影・採寸・原稿」のささげ業務も当社スタジオにてサポート
WMSを導入する国内自社工場での入出庫、在庫管理、ピッキング、配送までをワンストップ
医薬部外品、化粧品、食品営業の各種製造認可を取得する自社倉庫で様々なアセンブリ業務までも完結



【会社概要】
会社名:PXC(ピーエックスシー)株式会社
代表者:川崎 國博
所在地:本社 東京都台東区東上野4丁目20番2号
電話番号:03-3843-6751(代表)
URL: https://service.pxc.co.jp/
――――――――――――――――――――――――――――――
PXC株式会社のプレスリリース一覧
https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/42827
――――――――――――――――――――――――――――――
【プレスリリースに関するお問合せ先】
PXC株式会社 マーケティング・広報担当:加我潤也
Email:info@pxc.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング