電動工具ブランド「HiKOKI(ハイコーキ)」「釘打機用高圧エアコンプレッサ」の限定色モデルを数量限定で発売釘打機で人気の高輝度なゴールド色「ハイゴールド」を採用

PR TIMES / 2019年8月5日 15時40分

2019年8月5日(月)より全国で発売開始

 電動工具・理化学機器を製造・販売する工機ホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員 兼 CEO:森澤篤)は、電動工具ブランド「HiKOKI(ハイコーキ)」の「釘打機用高圧エアコンプレッサ」から、限定色モデル「EC 1245H3(TN(BG)) ハイゴールド」と「EC 1445H3(TN(BG)) ハイゴールド」を、2019年8月5日(月)より、全国の電動工具取扱販売店などを通じて数量限定で発売します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/43886/9/resize/d43886-9-868452-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/43886/9/resize/d43886-9-545926-1.jpg ]



 エアコンプレッサは動力源としての圧縮空気を発生させる装置で、プロの職人が住宅建築などで釘を打ち込む作業に用いる工具・釘打機と接続して使用します。

 今回の限定色モデルに採用したハイゴールドは高輝度なゴールド色で、釘打機の一部機種に昨年より採用されており、工具に高級な艶感を演出することから大変好評を得ています。今回、この人気色であるハイゴールドを釘打機用高圧エアコンプレッサにも採用することで、セット使いによる色の統一感をお楽しみいただけます。

 工機ホールディングスは、今後とも、お客様視点に立ったより良い製品とサービスの開発に努め、お客様であるプロのための「極上」の製品体験を創出し、その情熱と信頼に応えていきます。

<製品概要>
 「釘打機用高圧エアコンプレッサEC 1245H3/EC 1445H3※1」は、高トルクモーターの採用により低騒音を実現しており、各種部品の高耐久化により点検時期お知らせまでの時間が1200時間と長く性能を維持してお使いいたくことができ経済的です。
 また、タンク内の空気量が、EC 1245H3は360L、EC 1445H3は540Lと大容量のため、連続作業時により多くの釘を打つことが可能です。
※1 製品の詳細は下記URLをご確認ください。
 EC 1245H3 : https://www.hikoki-powertools.jp/products/powertools/air/ec1245h3/ec1245h3.html
 EC 1445H3 : https://www.hikoki-powertools.jp/products/powertools/air/ec1445h3/ec1445h3.html

■希望小売価格:
・EC 1245H3(TN(BG)) ハイゴールド (セキュリティ機能無) 168,000円(消費税別)
・EC 1445H3(TN(BG)) ハイゴールド (セキュリティ機能無) 210,000円(消費税別)

■ 仕様:

[画像3: https://prtimes.jp/i/43886/9/resize/d43886-9-328472-2.jpg ]

※2 エンジン発電機や直流電源、昇圧器などのトランス類では使用しないでください。
 (当社インバータ制御付エンジン発電機で、定格出力2.0kw以上のものは除く)
※3 パワーモード時
※4 騒音値は、全負荷運転時に測定した値です。

<ご参考>
電動工具の日
 2018年より、10月1日は「電動工具の日」である、と一般社団法人日本記念日協会によって認定されました。十月一日はプラスとマイナスドライバ、10月1日はイチとゼロでスイッチを意味し、電動+工具の記念日にふさわしいとされました。「HiKOKI」(ハイコーキ)ブランド要諦発表の日が電動工具の日になったことを歴史に刻み、業界発展のためにさらなる貢献をしてまいります。

工機ホールディングス株式会社について
 工機ホールディングス株式会社は、ドライバ、ドリルなど約1,300 機種の電動工具、釘打機などのエア工具、刈払機や植木バリカンなどの園芸工具、クリーナや高圧洗浄機などの家庭用電化製品群および超遠心機などの理化学機器を製造販売するリーディングカンパニーの一つです。
 70 年の歴史に裏打ちされた高い信頼性と世界最高水準の技術力を誇り、日本はもとより、欧州、米州、アジア、オセアニア、中近東、アフリカにおよぶ世界95ヵ国に販売拠点を持ち、グローバルに事業を展開しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング