プレミアムなノモス、「メトロ33 ローズゴールド」は小さなサイズでも大きな魅力。

PR TIMES / 2019年10月25日 10時25分

メトロシリーズの最新モデルは個性的。なんとローズゴールドケースで、直径わずか33ミリ。

海外商品の輸入卸販売及び、 国内商品の企画、 卸販売をする株式会社大沢商会(本社:東京都中央区、 代表取締役:黒坂則昭)は、 取扱いのドイツ・グラスヒュッテの時計ブランド「NOMOS Glashütte(ノモス グラスヒュッテ)」の新製品「メトロ33 ローズゴールド」を発売することをお知らせします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/47204/9/resize/d47204-9-540268-0.jpg ]


高いデザイン性で人気のノモス「メトロ」の最新モデル「メトロ33 ローズゴールド」は、シリーズでは最小サイズとなります。ホワイトシルバー仕上げ の文字盤にあしらったグレーのアワーマークと薄紫のミニッツマークがローズゴールドの針とケースに美しく調和します。さらに、ベージュ色の柔らかなベロアレザーストラップと、ローズゴールドのウィング付きバックルが、この時計の魅力を一層引き立てます。「女性らしい温もりを感じさせるこの時計は、金という素材の魅力を、現代的なデ ザインによって引き出しています」と、「メトロ33 ローズゴールド」の責任者かつデザイナーのマーク・ブラウンは語ります。
[画像2: https://prtimes.jp/i/47204/9/resize/d47204-9-322469-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/47204/9/resize/d47204-9-294007-2.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/47204/9/resize/d47204-9-607021-3.jpg ]

「メトロ」シリーズの初代モデルがデビューしたのは2014年のことです。パワーリザーブ インジケーターを搭載し、大きめの日付と、ミントグリーンと赤の鮮やかなアクセント カラーが印象的なこのモデルは、ドイツデザイン賞、レッドドットデザイン賞、iFデザ イン賞など、あらゆる重要なデザイン賞をまたたく間に獲得しました。
その後メトロシリーズは、手巻き式モデル、大小サイズ、シンプルなモデルなど、様々なバリエーショ ンを展開してきました。ゴールド系では、革新的なネオマティックキャリバー「DUW 3001」を搭載したモデルが 2017年に登場しています。この「メトロ ローズゴールド 39」は大きめの手首を想定して デザインされましたが、手巻きキャリバー・アルファを搭載した「メトロ33 ローズゴールド」は、同様のエレガンスをやや小さめのサイズでお望みの方に最適です。「時計を 愛する全ての人を、メトロで魅了したい。一回り小さなサイズのメトロを作るのは自然 な成り行きでした。」とマーク・ブラウンは語ります。


[画像5: https://prtimes.jp/i/47204/9/resize/d47204-9-295798-4.jpg ]

商品概要:
メトロ 33 ローズゴールド
品番 MT3A4W233
本体価格 830,000円+税

ケース:18Kローズゴールド
ガラス:ドーム型サファイヤクリスタル
サイズ:直径33.0mm 厚さ7.7mm
防水性:3気圧(日常生活防水)
文字盤:亜鉛メッキ、ホワイトシルバー仕上げ
針:ローズゴールドメッキ
ストラップ:ベロアレザー、ベージュ、クイックチェンジスプリングバー付き ラグ幅16mm
ムーブメント:自社製手巻きキャリバー「アルファ」
パワーリザーブ:約43時間

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング