1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

当社の大型バイオマス発電事業に関する最終投資決定のお知らせ

PR TIMES / 2021年8月31日 15時0分

当社は、2021年8月31日付けにて、当社が合同会社唐津バイオマスエナジーを通じて開発を進める大型バイオマス発電事業
(佐賀県唐津市・設備容量49.9MW、以下「唐津バイオマス」と言います。)について最終投資決定を行いました。
併せて、金融機関との間で融資関連契約(以下「本融資関連契約」と言います。)を締結し、プロジェクトファイナンスを組成いたしました。



1. 融資関連契約を締結した目的
当社は、「グリーンかつ自立可能なエネルギー・システムを構築し枢要な社会的課題を解決する」という
「ミッション/経営理念」を掲げ、太陽光、バイオマス、風力、地熱といった再生可能エネルギー資源による
発電事業を地域に根ざして進めています。
当社は、国内6ヶ所で進めている木質バイオマス専焼発電所の運営や建設を通じて開発に関する知見を有しており、これらを活かして、唐津バイオマスの開発を進めてまいりました。今後も共同スポンサーとともに開発を
進め、唐津バイオマスの企業価値の向上を図ってまいります。
また、発電所の建設及び事業運営を通じて、雇用の新規創出等を中心とした地域及び経済の活性化に貢献し、
地域との協創に取り組んでまいります。
2. 今後の見通し
本融資関連契約の締結に伴う今期(2022年3月期)の業績への影響は現在精査中です。今後、公表すべき
事項が生じた場合には速やかに開示いたします。
3.その他
当社は、共同スポンサーであるJA三井リース株式会社と締結した「合同会社唐津バイオマスエナジーに係る
持分譲渡に関する覚書」に基づき、唐津バイオマス発電所の完成日以降に同社が保有する特別目的会社出資
持分(計16.0%)を買い増す権利を有しており、当該権利を行使した場合には、当社の出資比率は51.0%と
なります。

[画像: https://prtimes.jp/i/54933/9/resize/d54933-9-3a2186a8236ab4434f6b-0.jpg ]



(ご参考)唐津バイオマス発電事業の概要
発電所名 :唐津バイオマス発電所
事業主体 :合同会社唐津バイオマスエナジー
会社所在地 :東京都中央区京橋二丁目2番1号
建設予定地 :佐賀県唐津市佐志鴻ノ巣375番地1他
出資会社(出資比率順)

[表: https://prtimes.jp/data/corp/54933/table/9_1_90050eeb9c3f6123581d3939d740b7d2.jpg ]



融資アレンジャー及びシンジケート団(業種別・五十音順)
(主幹事)株式会社三井住友銀行
(コ・アレンジャー)株式会社福岡銀行
株式会社関西みらい銀行
株式会社佐賀銀行
株式会社山陰合同銀行
株式会社十八親和銀行
株式会社鳥取銀行
株式会社南都銀行
株式会社肥後銀行
株式会社福井銀行
株式会社横浜銀行
唐津信用金庫
株式会社かんぽ生命保険
SMFL みらいパートナーズ株式会社(メザニンレンダー)

設備容量 :49.9MW(発電端出力ベース)
想定年間発電量 :約350,000MWh
(一般家庭約11 万世帯の年間使用電力量に相当(弊社調べ))
売電単価 :24 円/kWh(一般木質バイオマス)
燃料 :木質ペレット、パーム椰子殻(PKS)
着工 :2021 年8 月
運転開始 :2024 年12 月(予定)
※ 事業の概要は本件発表時点での計画であり、今後変更となる可能性があります。


【株式会社レノバ コーポレートサイト】
https://www.renovainc.com/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング