NPOカタリバ、Classiと実践型探究学習教材「Classi×マイプロジェクトサポート」を全国の高校向けに提供開始

PR TIMES / 2021年2月24日 14時15分

2022年度から開始する教科化「総合的な探究の時間」の授業をサポート

認定特定非営利活動法人カタリバ(本部:東京都杉並区、代表理事:今村久美、以下 カタリバ)は、Classi株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:山崎 昌樹)が開発・運営する教育プラットフォーム「Classi(クラッシー)」の連携サービスとして、自己探究・地域探究に特化した実践型探究学習教材「Classi×マイプロジェクトサポート」を共同で開発し、本年4月から全国の高等学校への導入を開始することをお知らせします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/60187/9/resize/d60187-9-849158-0.png ]


■「Classi×マイプロジェクトサポート」とは
学習指導要領の改訂により、高等学校の「総合的な学習の時間」は、2022年度から「総合的な探究の時間」に変更され、生徒が主体的に課題を設定し、情報の収集や整理・分析をしてまとめるといった能力の育成を目的とし展開されます。
「Classi×マイプロジェクトサポート」は、自己探究・地域探究を「総合的な探究の時間」の授業の一環として実現することを目指し、カタリバが2013年から展開し、高等学校向けの探究学習教材を開発・提供してきた実践型探究学習プログラム「マイプロジェクト」のノウハウを「Classi連携サービス」としてまとめた、教育現場向けの実践型探究学習教材です。
●特徴:
・進路につながる「自分ごと」の課題を設定できる
・「アクション」を伴う探究活動で資質・能力を育成できる
・Classiを通じた「振り返り」と「学びの共有」を行うことができる

■「Classi×マイプロジェクトサポート」教材概要
・内容:自己探究・地域探究に特化した実践型探究学習教材
・対象:Classiを導入する全国の高等学校(一部中高一貫校も含む)
・教材構成:探究テーマの設定から具体的なアクションまでをサポートするコンテンツ・ワークシート・動画で構成。マイプロを「つくる」ことを支援する「体験版」、「やってみる」ことを支援する「実践版」を同時にリリース
・連携サービス料金:実践版は生徒一人あたり1,540円(税込)、体験版はClassi採用校は申込不要・無料でご利用いただけます
[画像2: https://prtimes.jp/i/60187/9/resize/d60187-9-676468-1.jpg ]


●お問い合わせ先
Classiサポートデスク(0120-755640)
※受付時間/平日8:00~19:00、土8:00~17:00(日曜・祝日・年末年始を除く)
(中高一貫校における中学校やClassi採用校以外で教材導入を希望される場合でも、上記までお問い合わせください)
●導入(予定)校の採択理由
・カリキュラムが学校のニーズに合わせて柔軟にカスタマイズできるため、本校の目指す探究を実現できる(宮城県公立高校)
・人手不足の中で探究の取り組みを汎用化できる(東京都公立高校)
・探究活動の発表を校内に閉じるのではなく、校外にまで接続できる(愛媛県私立高校)
・地域や中学生にとって魅力的な学校にしていくことにつながる(茨城県公立高校)
・探究をアクションに落とし込み、成果にまでつなげることができる(長崎県私立高校)

■マイプロジェクトとは
マイプロジェクトとは、身の回りの課題や関心をテーマにプロジェクトを立ち上げ、実行することを通して学ぶ、実践型探究学習プログラムです。大切にしているのは、小さくても実際に起こす「アクション」と、プロジェクトに対する「主体性」。不確かな時代だからこそ、高校時代に正解のない問題に向き合い探究することで、未来への創造力が引き出されます。カタリバはマイプロジェクトを日本全国の高校生に広げる取り組みを行っています。

■Classi株式会社について
Classi株式会社は、「まなびをエールする」をコンセプトに、学校向けに特化したクラウドサービス「Classi(クラッシー)」の開発・運営を行なっています。「Classi」は、PC・スマホ・タブレットなどのデバイスを問わず利用でき、先生・生徒・保護者をつなぐサービスとして、さまざまなシーンで活用されています。全国の高校の2校に1校、高校生の3人に1人超が利用しています。
〈企業概要〉
設立:2014年4月4日
代表取締役社長:山崎 昌樹
本社:東京都新宿区西新宿2丁目1-1

■認定特定非営利活動法人カタリバについて
どんな環境に生まれ育った10代も、未来を自らつくりだす意欲と創造性を育める社会を目指し、2001年から活動する教育NPOです。高校への出張授業プログラムから始まり、2011年の東日本大震災以降は子どもたちに学びの場と居場所を提供するなど、社会の変化に応じてさまざまな教育活動に取り組んでいます。
<団体概要>
設立   : 2001年11月1日
代表   : 代表理事 今村久美
本部所在地: 東京都杉並区高円寺南3-66-3 高円寺コモンズ2F
事業内容 : 高校生へのキャリア学習・プロジェクト学習プログラム提供(全国)/オンラインでの学習支援(全国)/被災地の放課後学校の運営(宮城県女川町・岩手県大槌町・福島県広野町)/災害緊急支援/地域に密着した教育支援(東京都文京区・島根県雲南市)/困窮世帯の子どもに対する支援(東京都)
URL: https://www.katariba.or.jp/

*本プレスリリースは、認定特定非営利活動法人カタリバ 、Classi株式会社の両社で行います。重複して配信されることもありますので、ご了承願います。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング