1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

博報堂コンサルティング、BtoBマーケティングのノウハウを一冊に詰め込んだ「博報堂コンサルティングが作った BtoBマーケティング施策ガイド 2021年版」を発売

PR TIMES / 2021年10月7日 14時30分



株式会社博報堂コンサルティング(東京都港区、代表取締役社長:喜馬克治)は、2021年10月15日(金)、同社ウェブサイトにおいて「博報堂コンサルティングが作った BtoBマーケティング施策ガイド 2021年版」を発表致します。また、合わせて、本施策ガイドの配布とそのポイント解説がセットになった有料オンライン説明会を開催致します。
[画像1: https://prtimes.jp/i/66964/9/resize/d66964-9-59d09965708e295c3d79-0.png ]



<施策ガイド制作の背景>
多くのBtoB企業において、BtoC事業からBtoBへのビジネスドメインの変更や、販社や代理店依存から脱却しダイレクトに顧客接点を持つ動きなど、これまでのマーケティングから、より顧客にダイレクトに接する方向への事業変革が進んでいます。
また、良質なリード獲得とセールス成果実現のために、昨今のメディア環境や顧客情報取得方法の変化に伴い、従来のマス広告や広報といったメディアに加え、WEBやソーシャルメディアなどの双方向メディア、営業やコールセンターなどの諸活動を連動させながら情報発信のマネジメントを行うことが、より一層必要となっています。コミュニケーションDX(デジタルトランスフォーメーション)です。

これらの潮流において、BtoB企業のマーケッターは、どうメディアを使いこなすか、というノウハウだけでは通用しない、マーケティング経験者として担当したが、これからのBtoBマーケティングにおいては、どのような施策が行えるのか、そもそも何から手を付けるべきかわからない、というご相談を多く受けるようになりました。

そのための解が企業価値全体の向上を実現するブランド提供価値を起点としたマーケティングになります。統合的なコミュニケーション活動をするにあたり、その施策やコンテンツは、顧客だけでなく、BtoB企業におけるサプライヤー、従業員、就職希望者、投資家、生活者、社会全般といった幅広いステークホルダーに対し、コンテンツと顧客との接点をどう作るべきなのかを悩んだときに、そのよりどころとなること、それが“ブランド提供価値”になります。
博報堂コンサルティングは、ブランドによってマーケティングやセールスの成果をレバレッジさせる支援を行ってきました。そして、ブランドコミュニケーションにおけるコンテンツを用い、あくまで顧客視点での“顧客購買プロセスを適切に進行させる”ための施策を、様々なツール、メディア(接点)を通し行っていくことが最も有効である、そう博報堂コンサルティングは考えています。

その施策は、顧客の購買プロセスのどこで、何をすることが有効か。
また、その施策を実行するためのツールは、メディアは、何を選択すべきなのか。

そんなときに、この施策ガイドを手に取っていただき、どこから手を付けるべきか、何が選択肢としてあるのかを見つけていただく。その一助になることを目指し、本施策ガイドを制作いたしました。


<概要>
本施策ガイドは、BtoB企業がPRからマーケティング、セールスまでを行うための手法、媒体、ツール等について網羅的に記載することで、BtoBマーケティング・ブランディングに関わる人にとって、いつどのような施策を用いるべきか、その際の媒体やツールは何を選びうるのか、の示唆となることを目指しています。

本施策ガイドでは、BtoBマーケティングにおけるメディア接点構築に焦点をあて、まとめました。一般の広告メディアでいわれる4マスやインターネット広告にとどまらず、行える施策の切り口で必要な媒体およびツールまで幅広く取り入れた内容となっております。また後日、事例やKPIなどを盛り込んだ第2部の制作も予定しております。

博報堂コンサルティングは、BtoBマーケティング・ブランディング活動においてこれまで当社およびグループ各社、パートナー企業そしてクライアントの皆様とともに培ってきたノウハウをまとめ、共有することで、主にデジタルによる変革(DX:Digital Transformation)を実現したい企業にとって、本質的な事業変革(BX:Business Transformation)を加速させる一助となることを目指してまいります。


<詳細>
タイトル:『博報堂コンサルティングが作った BtoBマーケティング施策ガイド 2021年版』
著者:清水慶尚/村川優希/大熊桜子
発売日:2021年10月15日
仕様:A4版PDF
本体価格:5,000円(税込み)
URL: https://bit.ly/3uCWRtN


<目次>
「博報堂コンサルティングが作った BtoBマーケティング施策ガイド 2021年版」

第1章 BtoBマーケティングにおけるメディア接点構築
1.認知獲得
   マス広告 / OOH広告 / PR / 媒体における記事掲載
2.集客・リードジェネレーション
   自社媒体における情報発信 / 外部媒体を利用した情報発信 / デジタル広告出稿
   / DM送付 / イベント実施・参加 / リマーケティング(アノニマスID)
3.リードナーチャリング
   リマーケティング(記名ID) / デモンストレーション / リードナーチャリングで用いられるツール
   / コンタクトセンター / リードクオリフィケーション
4.商談獲得・商談
   インサイドセールス / アポイント・訪問 / 対面営業・リモート営業 / トライアル / 契約締結
5.顧客維持・フォロー
   アカウント担当によるフォロー / コンタクトセンターによるフォロー / CS調査
6.施策PDCA・BI

第2章 メディア用語集

第3章 ツール紹介

<著者プロフィール>

[画像2: https://prtimes.jp/i/66964/9/resize/d66964-9-1829e6d029e5e9afc2ab-4.png ]

清水慶尚
株式会社博報堂コンサルティング パートナー
東京工業大学工学部卒、同大学大学院物理情報工学科修士課程修了。
BtoB/BtoBtoCの事業変革、DX、チャネルマネジメントおよび共創プラットフォームについて、アクティベーションさせる支援を戦略設計から実行までを一気通貫に提供している。


[画像3: https://prtimes.jp/i/66964/9/resize/d66964-9-a5a1fa96d2c67fccedff-2.jpg ]

村川優希
株式会社博報堂コンサルティング アソシエイト
一橋大学社会学部社会学科卒業。新卒にて博報堂コンサルティングに入社。
BtoB企業コミュニケーションパーパス策定(化学)、企業ブランド調査(製造)等やBtoBマーケティングの戦略設計、インフラ構築および施策実施の支援プロジェクトに参画。

[画像4: https://prtimes.jp/i/66964/9/resize/d66964-9-de2815f69a6ce80c2f79-3.jpg ]

大熊桜子
株式会社博報堂コンサルティング アソシエイト
東京大学工学部システム創成学科卒業。大学では原子力安全におけるリーダーシップ、マネジメントおよび安全文化についての研究を行い、新卒にて博報堂コンサルティングに入社。った。
BtoBブランディング、マーケティングのみならず、エンジニア採用におけるブランディングおよび活動の設計・実施支援プロジェクトに参画。


――――――施策ガイドの内容とポイントを解説する説明会を実施致します――――――

「博報堂コンサルティングが作った BtoBマーケティング施策ガイド 2021年版」
               
                オンライン説明会

【日時】 2021年10月15日(金) 16:00~17:30
【ツール】 ZOOM
【登壇者】 株式会社博報堂コンサルティング 清水慶尚・村川優希・大熊桜子
【参加費】 5,000円
 ※お申込みいただいた方に、説明会終了後、本施策ガイドのダウンロードURLをお送りいたします。
【参加方法】 下記URLにございます申込みフォームよりお申込みください。 

お申込みURL
https://bit.ly/3uCWRtN

※本発表会および施策ガイド購入のお申込みにつきまして、博報堂および博報堂DY ホールディングスグループのNDA およびレギュレーションにより、お断りをさせていただく場合がございます。予めご了承ください。

株式会社 博報堂コンサルティング
所在地:〒107-6319東京都港区赤坂5-3-1 赤坂Bizタワー 11階

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング