女のライバルは“女性”だけにあらず?! 男性7割がオネエを「女らしい」と感じ、1/4以上は「付き合える」 ! ~女性は「素肌磨き」できれいになる余地あり~

PR TIMES / 2012年4月3日 16時24分



 4月4日は「オカマの日」。桃の節句と端午の節句に挟まれている日だから……ではなく、関西の老舗ニューハーフパブ「ベティのマヨネーズ」が、開店記念日として記念イベントを開いていた呼び名が広まったと言われています。心が男、女どちらであっても、女性らしさを追求している男性(もしくは元男性)は「オネエ」(もしくはオカマ/ニューハーフ)と呼ばれ、近年ではオネエタレントというカテゴリーも存在するほど市民権を得ています。日々、美しさ・女らしさを磨いている彼女たちを見つめる男性視点からは、「男性が女性らしさを感じるポイント」がわかるはず。
 そこでポーラ・オルビスグーループの敏感肌専門ブランド株式会社decencia[ディセンシア](本社:東京都品川区、代表取締役社長 小林 琢磨)は、2012年3月、全国の10~50代の「身近にオネエの知人がいる男性」120名に対し、「女性らしさを感じる瞬間の意識調査」をインターネット調査にて実施いたしました。以下がその調査結果になります。


【基本調査概要】
調査方法 : インターネットアンケート調査
調査実施期間 : 2012年3月21日(火)~3月22日(水)
対象者 : 全国の「身近にオネエ(女性らしさを追求している男性・元男性)の知人がいる」
      男性(異性愛者)120名
対象者年代 : 18歳~69歳


【調査結果サマリー】

1. 女性のライバルは女性だけにあらず?!
  オネエを「女性よりも女性らしい」と感じている人は約7割。
オネエに色香を感じている男性の割合は非常に高く、69.1%もの人が「女性よりも女性らしいと感じたことがある」と回答。しかも異性愛者であっても「オネエと交際ができる」と回答した人も1/4以上にのぼりました。

2. 外見だけではなく、内面からの「女性らしさ」が好感度アップのポイント!
  外見は「スタイル」、内面は「しぐさ」がトップ。
もともとは男性の身体を持つ「オネエ」に対し、女性らしいと感じたポイントを尋ねたところ、外見では「スタイル」
がトップに、内面では「しぐさ」がトップとなりました。好感度アップのポイントとしては内面を重視した回答が6割と、外見よりも2割多い結果となりました。

3. オネエの美しさの秘訣はやはり「肌」?!
  きれいなオネエが気を使っていそうなケア、第1位は「スキンケア」。
かわいい、美しいオネエが気を使っていそうなケアとして「スキンケア」をあげた人が60%で1位。脱毛ケアを7.9%、ヘアケアを16.3%以上も上回り、オネエの美しさを肌質によって判断している人が多いことがわかりました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング