~東京・日本の現在と未来のあり方を考える~ 平成23年度 3月のプログラムを発表 「FUTURE SKETCH BOOK トークセッション」、「川俣正・東京インプログレス」開催!

PR TIMES / 2012年3月6日 14時48分



 東京文化発信プロジェクトでは、東京の“現在”について考える「川俣正・東京インプログレス-隅田川からの眺め」を3月20日(火・祝)、“未来”について考える「FUTURE SKETCH BOOK トークセッション」を3月13日(火)に開催いたします。

<東京・日本の現在と未来のあり方を考えるプログラム>
■「川俣正・東京インプログレス-隅田川からの眺め」
 世界的なメトロポリス都市である東京を、ワークショップ、トーク、共同制作などの活動を通して再考するプロジェクトです。変貌する東京の風景を定点観測するため、複数の物見台を建設していく予定です。昨年、都立汐入公園に建設された「汐入タワー」に続き、中央区立石川島公園パリ広場に、第二の物見台となる木造の「佃テラス」が3月20日(火・祝)に完成いたします。
 また、佃テラスの構築にあたって、3月5日(月)から11日(日)の期間、佃テラスづくりへのボランティア参加者を募集しており、どなたでも参加することができます。

■「FUTURE SKETCH BOOK トークセッション」
 当プロジェクトは、昨年3月11日に起こった東日本大震災からの復興に向け、今年度のテーマを「TOKYO FUTURE SKETCH ~日本の未来のために、文化ができること~」と定め、様々なアート・文化プログラムを通して、これからの日本や東京のあり方について模索・提案してまいりました。
 そして、本トークセッションでは、このテーマから発想されたスペシャルプログラム「FUTURE SKETCH BOOK」にて生まれた未来のスケッチをもとに、本プログラムの参加アーティストである日比野克彦氏、しりあがり寿氏、藤浩志氏と平成23年9月から展開された活動を振り返りながら、未来について語ります。
 また、今年度のテーマの基に実施された「FUTURE SKETCH WORKSHOP」にて描かれた未来のビッグスケッチを一部、3月11日(日)から25日(日)の期間、アーツ千代田3331で開催される「つくることが生きること」東日本大震災復興支援プロジェクト展の一角にて展示いたします。

この機会にぜひ、大きく変わりゆく東京・日本の現在と未来について改めて考えてみてはいかがでしょうか。


<3月後半のプログラム紹介>
東京アートポイント計画

■「川俣正・東京インプログレス-隅田川からの眺め」
~変わりゆく東京の風景~

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング