ランナーが描き出す、英国発の光のパフォーマンス <参加ランナーを公募> ~スマートイルミネーション横浜2012~

PR TIMES / 2012年10月12日 9時24分



 英国の公的な国際文化交流機関であるブリティッシュ・カウンシル(所在地:東京都新宿区、駐日代表:ジェフ・ストリーター)とスマートイルミネーション横浜実行委員会は、『スマートイルミネーション横浜2012』(2012年10月31日~11月4日、横浜市内開催)のプログラムのひとつとして、2012年11月3日(土・祝)、4日(日)の2日間、英国発の一般参加型アートパフォーマンス『Speed of Light Yokohama - 3 movements』(スピード・オブ・ライトヨコハマ スリームーブメンツ)を実施します。会場は、海の見える丘公園から象の鼻パークまでの横浜の海沿い約10kmです。開催にあたり、パフォーマンスを彩る各日50名、合計100名のランナーを募集します。

 Speed of Lightは、本年8月、エジンバラ国際フェスティバル*において世界で初めて公開され、大きな話題を呼んだ一般参加型アートパフォーマンスです。公募されたランナーが、LEDライトを装飾した専用のライトスーツを身にまとい、振付家による動きを織り交ぜながら夜の風景を走り抜けます。ランナーの光の軌跡でアート作品が作り出されます。自然や都市を舞台にしたダイナミックな作品で知られる、英国を拠点とするアート団体「NVA」と、照明デザイナーや振付家とのコラボレーションにより実現し、エジンバラでは合計4,000人以上のランナーがパフォーマンスに参加しました。

 この作品が、世界展開の第一段として日本で開催されます。日本では、横浜の海沿いを舞台に、日本のパフォーマンスグループ「GRINDER-MAN」の伊豆牧子氏が振付を担当します。海の見える丘公園から大さん橋、象の鼻パークまで約10kmの横浜の海岸沿いを公募された大勢のランナーが走り抜け、暗闇の中に光の動きを描き出します。スポーツとアートを融合した、過去に例のない一般参加型のアートイベントです。ランナーとしての参加でない方も、光の織りなすアート作品として、その場で体験・鑑賞できます。

<開催概要>
■イベント名: Speed of Light Yokohama - 3 movements
■主催: スマートイルミネーション横浜実行委員会
■共催: 横浜市文化観光局
■特別協力: ブリティッシュ・カウンシル
■開催日時: 2012年11月3日(土・祝)、4日(日) 17:00~19:00(予定)
■会場: 海の見える丘公園~大さん橋~象の鼻パークまで約10kmの横浜海岸沿い

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング