阪急京都線 大山崎駅~長岡天神駅間で建設中の『西山天王山駅』を 2013年12月21日に開業します!

PR TIMES / 2013年6月6日 14時0分

~高速道路 と 鉄道 を 組み合わせた公共交通への転換、新しい駅の“カタチ” ~

長岡京市と阪急電鉄では、京都縦貫自動車道の長岡京インターチェンジに隣接した箇所に新駅ならびに都市基盤施設を整備しています。今般、その新駅「西山天王山駅」を、本年12月21日に開業することを正式に決定しました。



リリースPDFはこちら → http://holdings.hankyu-hanshin.co.jp/ir/data/ER201306051N2.pdf

「西山天王山駅」の開業により、周辺地域の交通利便性が向上するとともに、これまで個別に交通ネットワークを構築してきた鉄道と高速道路が直結し、高速バスストップで、名神高速道路や京滋バイパス、京都縦貫自動車道を走行する高速バスとの乗り継ぎや、新設するパーク&ライド駐車場を活用して、マイカーから公共交通への乗り継ぎが容易になり、阪急沿線の方々のみならず、広範囲に移動される方々の利便性が飛躍的に向上するとともに、環境負荷低減効果も期待されます。
開業する駅ならびに都市基盤施設の概要は以下のとおりです。

<西山天王山駅について(阪急電鉄施行)>
1.営業開始日 : 2013年12月21日(土)(予定)
※同駅の開業にあわせて、京都線のダイヤを改正、及び「三宮」「服部」「中山」「松尾」の4駅名を変更し、全駅で駅ナンバリングを導入します。

2.施設概要 :
■所在地  長岡京市友岡四丁目22-1
■駅設備  地平駅舎、相対式ホーム、改札口2ヵ所、上下ホーム連絡地下通路、エレベーター2基、エスカレーター4基、一般トイレ・多機能トイレ
■環境施策  LED照明、雨水利用、エスカレーター低速待機運転機能、緑化推進、ヒートポンプ式電気給湯機、超節水トイレ、エレベーター回生電力利用


<都市基盤施設について(長岡京市施行)>
1.施設配置について


【駅前広場】

新駅の東西両側に駅前広場を設置し、路線バスは東側に集約して、タクシーやマイカーは両側で乗降できるように整備しています。
【高速バスストップ】

京都縦貫自動車道の上り・下り線ランプ橋上に高速バスストップを設置し、東側駅前広場と高速バスストップはエレベーターによって接続します。空調やトイレを備えた待合空間を整備しており、安全・快適に高速バスを待つことができます。

【パーク&ライド駐車場】

東側駅前広場にはパーク&ライド駐車場を整備し、マイカーから鉄道やバスへの乗り継ぎを促進します。また、駐車場内には電気自動車に対応した急速充電器を整備します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング