ハーゲンダッツ ジャパン30周年記念『30th アニバーサリー サクラ・ローズ』新商品発表会を実施 人気フラワーアーティストニコライ・バーグマン氏登場 フラワーアートを公開制作

PR TIMES / 2014年2月4日 19時16分



創業30周年を迎えるハーゲンダッツ ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:馬瀬 紀夫)は30周年記念商品『30th アニバーサリー サクラ』と『30th アニバーサリー ローズ』の発表会を2014年2月3日(月)に行いました。発表会では、フラワーアーティストのニコライ・バーグマン氏に、各新商品をイメージした作品を披露していただきました。フラワーディスプレイの一部は2月9日(日)までニコライ・バーグマン氏のフラッグシップストアで公開いたします。


■ ハーゲンダッツ ジャパン創業30周年記念!新商品発表会を開催

ハーゲンダッツ ジャパンは、創業30周年記念商品『30th アニバーサリー サクラ』と『30th アニバーサリー ローズ』の新商品発表会を2014年2月3日(月)に開催しました。

発表会にご登壇いただいたのは、海外でも幅広く活躍する人気フラワーアーティストのニコライ・バーグマン氏。新商品をイメージした作品のデモンストレーションやトークセッションを行いました。

会場は、東京・南青山にあるニコライ・バーグマン氏のNicolai Bergmann Flowers & Design Flagship Storeで、今回のためにアレンジいただいた多くの花々を囲んでの発表会となりました。


◇ ニコライ・バーグマン氏による作品デモンストレーション ◇

フラワーアレンジメントのデモンストレーションでは、ニコライ・バーグマン氏が数種類のローズを次々と組み合わせ、新商品の「ローズ」をイメージした見事なブーケを完成させました。

作品についてニコライ・バーグマン氏は、「新商品のパッケージに描いてあるような大ぶりなバラをメインにスプレーバラも組み合わせ、ボリュームのあるラウンドスタイルに仕上げ、このアイスクリームのフレーバーのような華やかさを表現しました」と解説しました。

次に、「サクラ」のフラワーアレンジメントについては、「日本人にとって『サクラ』は、『お花見』からイメージされる明るく幸せな花。中央にサクラを置き、ラナンキュラスやトルコキキョウ、そして『さくら』という品種名のスイートピーを組み合わせることで春を感じられるアレンジメントにしました」とコメントしました。

なお、イベント当日にニコライ・バーグマン氏が作ったフラワーディスプレイの一部は2月9日(日)まで南青山にあるNicolai Bergmann Flowers & Design Flagship Storeで公開されますので、ぜひご覧ください。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング