向きがバラバラ「ムカデまつ毛」!?抜けてスカスカ「貧乏まつ毛」!?「ひじきまつ毛」だけじゃない新種“ブスまつ毛”が多数目撃! !

PR TIMES / 2014年11月11日 15時40分

スカルプD まつ毛に関する情報をまとめたWEBサイト『#まつ育アカデミー』オープン

まつ毛美容液「スカルプDボーテ ピュアフリーアイラッシュ」をはじめ、オリジナルのエイジングケア商品を展開するアンファー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:三山熊裕)では、2014年11月11日(火)の「美しいまつ毛の日」に、まつ毛に関する情報をまとめたWEBサイト 『#まつ育アカデミー』をオープンいたしました。今回当社では、サイトの公開開始にともない、全国の20~30代 有職者男女500名を対象として、「女性のまつ毛メイク」に関する意識・実態調査をおこないました。



■「まつ毛メイクは見た目を大きく左右する!」女性の約8割が回答
はじめに20~30代の女性250名に、普段のメイクについて調査を実施しました。
まず「普段、メイクをするときに、最も力を入れているのはどこですか?」と質問したところ、最も多かった回答は「アイメイク」で49%。また、「まつ毛メイクは女性の見た目を大きく左右すると思いますか?」と聞いたところ、76%と約8割が「そう思う」と回答しました。


■「カワイイ」を目指して、逆効果に?近年目撃されている新種“ブスまつ毛”
しかし一方で、かわいくなろうと「まつ毛メイク」をやりすぎてしまい、結果的に残念な“ブスまつ毛”状態になっている女性も多い様子。実際に、「残念な“ブスまつ毛”状態の女性を見たことがありますか?」と聞いたところ、女性では68%と約7割、女性の細かなメイクにはなかなか気づきにくい男性でも36%と3人に1人が「ある」と回答しました。

そこで、具体的に「目撃したことのある“ブスまつ毛”」を聞いたところ、下記のような回答が上位に。これまで、「まつ毛メイク」を張り切りすぎて、かえって“ブスまつ毛”になってしまう例と言えば、マスカラのダマによっておこる「ひじきまつ毛」が昔からの定番ともいえる存在でしたが、最近では「新種」の“ブスまつ毛”も多数目撃されているようです。

【新種“ブスまつ毛”はこんなまつ毛!? 目撃率と解説 】

●「ひじきまつ毛」…72%
以前から目撃される“ブスまつ毛”で、マスカラの重ねづけでダマになり、ひじきの煮物のようになったまつ毛

●「ヤマンバまつ毛」…76%【新種】
つけまつ毛・エクステを無駄につけ、ヤマンバのような見た目になったまつ毛

●「福笑いまつ毛」…67% 【新種】
つけまつ毛のズレ、はがれによって福笑い状態になったまつ毛

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング