Alzheimer’s Disease Cooperative Studyによる独立した解析の発表に続き、イーライリリー社、solanezumabの第III相臨床試験EXPEDITION の詳細結果を発表

PR TIMES / 2012年10月10日 12時20分



本プレスリリースは、イーライリリー・アンド・カンパニーが10月8日(米国現地時間)に発表したプレスリリースを日本語に翻訳したものです。内容および解釈について英文オリジナルが優先されます。http://www.lilly.comをご参照ください


Alzheimer’s Disease Cooperative Study(ADCS)による独立した解析の発表に続き、イーライリリー社、solanezumabの第III相臨床試験EXPEDITION の詳細結果を発表

・ イーライリリーの解析では、以前に発表したように、軽度から中等度のアルツハイマー型認知症患者を対象にした、二重盲検、プラセボ対照の第III相臨床試験であるsolanezumabの2つのEXPEDITION試験において、認知機能および日常生活機能に関する主要評価項目が達成されませんでした。
・ イーライリリーによって事前に規定された副次解析である併合データでは、軽度のアルツハイマー型認知症患者群において、統計学的に有意な認知機能低下の進行抑制、具体的には34%の進行の抑制が見られました。
・ ADCS によるEXPEDITIONの独立した解析は、2012年8月24日にイーライリリーが発表した主な結果とほぼ同様でした。
・ solanezumabの今後の計画は、規制当局との協議の後に決定されます。

米国インディアナ州インディアナポリス- イーライリリー・アンド・カンパニーは、軽度から中等度のアルツハイマー型認知症患者を対象とした、二重盲検、プラセボ対照の第III相臨床試験であるEXPEDITION 試験結果の詳細を、本日(米国時間10月8日)発表しました。この発表は、米国神経学会の年次総会において、ベイラー医科大学の神経学教授で、Alzheimer's Disease Research Effie Marie Cainセンター理事長を務めるラッシェル・ドゥーディー博士が、Alzheimer’s Disease Cooperative Study(以下ADCS)として独立的な立場で解析したEXPEDITION 試験結果の発表に続くものです。ドゥーディー博士は、ADCS運営委員会のメンバーです。

イーライリリーは、生データ(EXPEDITION試験で集積された全データ) をADCSに提供し、その後、ADCS の統計専門家がこれらのデータを独立して解析しました。これらの結果が本日の会議で発表されました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング