- ネットワーク監視・パワマネのISAから、PoEリブータ新発売‐

PR TIMES / 2014年12月17日 10時2分

IPカメラ、Wi-Fi AP等PoE対応機材の障害を簡単・安全・確実に自動復旧。

株式会社アイエスエイ(略称:ISA、東京都新宿区新宿、代表取締役 三反崎 好弘)は、IPカメラやWi-Fiアクセスポイント機器など、PoE(Power over Ether)ネットワークを用いてつながる装置に障害が発生したとき、いち早く検知し、簡単・安全・確実に自動復旧させる装置「PoEリブータ」を発表しました。この製品は、近年設置台数が増えているデジタル監視カメラ(IPカメラ)やフリーアクセスエリアのWi-Fiアクセスポイント(Wi-Fi AP)との回線途中に設置して、個別に自動障害監視装置として稼働させます。対象機器に異常が発生すると、直ちに検知して、その機器のみの自動でリブート(再立ち上げ)し、復旧までの時間を最小限に抑え、省人化を達成できます。



監視カメラシステムでは、高解像度化と高機能化を実現したIPカメラシステムが、アナログ式システムを駆逐し始めています。映像収録・分析機器との間は、PoEと呼ばれるネットワークに電源を重畳させた規格で接続されているのが一般的です。
環境ノイズ等の外因からIPカメラが不具合を起こし、気付付かないまま放置されていたり、サービス要員が到着するまで不通状態が続く事故がよくあります。
同様に、海外からの渡航者増加に伴う情報提供サービスの一環としてWi-Fiフリーアクセスポイントが、増加しています。Wi-Fiアクセスポイント(Wi-Fi AP)は、ルータからPoEで接続されることが多く、設置工事の手間を解決しています。Wi-Fi APも、環境や異常アクセス等から通信不能に陥ることが多々あります。
一般的にはリブータ装置をルータ電源に接続する方法が今までの解決方法でしたが、サービス全体をしばらくの間停止してしまい、利便性の提供から課題になっていました。
PoEリブータ PB108Aは、PoE対応機器*11台1台を個別に監視し、不具合を起こした機器のPoEのみを自動的にリブートします。従って、障害復旧に係わる影響を最小限にでき、サービス要員が出向かなくとも復旧できる機能を提供できます。また、上位の監視装置との連携も簡単にできる上、管理者やサポート要員への電子メールによる障害通知や自動復旧状況を送信できます。


弊社製品の電子メールを受けるとランプの点灯や音声再生で周囲の人に異常をお知らせする「メル丸くん」との連携で、比較的低価格で高度な運用監視システムが構築できます。
*1:PoE規格Type B 802.3af、802.3at 給電Type B (空き線4、5、6、7を使用)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング