ユーザーの利用がこれから飛躍的に伸びそうな「RVパーク」

PR TIMES / 2013年11月11日 12時26分

キャンピングカー利用者をはじめとした車中泊者の宿泊スペースとして企画された 「RVパーク」 を利用してみたいと思っているユーザーは、全体の9割。さらに、その7割の人がこのような施設が全国に広がっていくことを期待しています。



■ 現実の利用者はまだ1割未満だが、9割のユーザーがRVパーク泊を希望

 
 当協会では、昨年よりキャンピングカーユーザーをはじめとする車中泊者が安心してかつ安全に泊まれる宿泊スペースとして、全国の道の駅や旅館・ホテルの協力のもとに 「RVパーク」 という車中泊専用スペースの整備を進めてまいりました。おかげさまで、この11月現在、全国で16ヶ所のRVパークを開設することができました。
 今回、RVパーク1号の開設からほぼ1年を経過したことを機に、キャンピングカーユーザーのRVパークに対する利用率および同施設に対するリクエストなどをリサーチすることにいたしました。
 この調査は、今年の9月19日から10月17日までの約1ヶ月間、当協会のホームページにアクセスしたユーザーにアンケート形式で答えてもらったもので、およそ200人から回答を得ることができました。


 それによると、「旅行先にRVパークがあれば積極的に利用したい」 と希望するユーザーが80.0%に達することが判明いたしました。
 また、上記の回答に 「気が向いたら利用したい」 (13.7%) という回答を足すと、93.7%の人が、機会があればRVパークを利用したいと考えていることが分かりました。反対に、「あまり利用したいとは思わない」 という回答は、わずか2.4%にとどまりました。
 

 しかしながら、実際の利用率を調べてみると、「1回も利用していない」 という回答が93.7%を占めました。利用した人でも、その回数は 「1回」 (5.3%)、「2回」 (0.5%) と比較的少ないことが特徴で、関心の高さに対して利用率が追いついていない状況も浮かびあがりました。


 これに関しては、RVパークそのものがまだ全国に16ヶ所と非常に少なく、しかも構想が具体化してから1年しか経っておらず、かつその大半が今年の夏以降にオープンしたため、まだ広報も充分に行き渡っていないという状況を反映したものと思われます。


■ RVパークに泊まりたい理由のトップは「安心感」。次が「電源」

 また、この調査では、RVパークを利用してみたいというユーザーにその理由も尋ねてみました。その結果、「宿泊することが公認されるので、安心感がある」 という回答が51.9%を獲得してトップに立ちました。これに関していえば、道の駅などの公共駐車場は 「宿泊スペース」 として公認されているわけではないので、その問題を解決したことがRVパークへの評価につながったようです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング