マンションアフターサービス売主別満足度ランキング2014【アトラクターズ・ラボ調べ】

PR TIMES / 2014年2月28日 12時25分

東京建物が昨年から大きく順位を上げ、アフターサービス満足度1位獲得

不動産マーケティングのアトラクターズ・ラボ株式会社(東京都千代田区・代表取締役:沖有人)は、「新築分譲マンションのアフターサービス(定期診断)満足度調査2014」を行ったのでこれを公表する。

【要旨】
◆東京建物が昨年から大きく順位を上げ、アフターサービス満足度で1位となった。
◆アフター満足度へは内覧会満足度、基準到達度、接客態度が影響する。
◆東京建物は内覧会満足度で高い評価を得ており、これがアフター満足度で1位となった要因である。




自社が運営する分譲マンション購入者向けサイト「住まいサーフィン」にて、新築分譲マンションを購入して、かつ2008年以降に入居し、今までにアフターサービスを受けた方を対象に、アンケートを実施した。住まいサーフィン会員とネットリサーチ会社のパネルに対して調査依頼メールを配信した。2010年から実施しており今回で5回目となる。

実施時期 2013/12/6~12/25
有効回答数 全体:988、アフターサービス設問:818(ランキング対象はサンプル数が20件以上の売主)

※回答者に居住マンション名称を記載させ、実在マンションでかつ売主が回答者の記載と一致するもののみを有効票としている。
アフターサービス満足度を売主別に集計すると、トップは「東京建物」となった。東京建物は昨年9位から大きく順位を上げた。
2位は三井不動産(昨年1位)、3位は野村不動産(昨年2位)となった。

過去2年は野村、三井、住友が僅差で上位3位を争っていたが、今年はその3社を抑えて東京建物が1位となった。
満足度スコアで順位を付けているが、2位の三井不動産レジデンシャルから6位の住友不動産までは1.7ポイントの差しかない。大手分譲デベロッパーは近年、各社とも、アフターサービスなど入居後サービスに力を入れており、大手は得点差がつきにくくなってきている。

アフターサービス満足度には、内覧会満足度、アフターサービス基準到達度、担当者の接客態度が影響を与える。東京建物は基準到達スコアが1位群だったことに加え、内覧会の評価が高かったことで、アフターサービス満足度1位となった。アフター満足度2位の三井不動産レジデンシャル、3位の野村不動産は基準到達度は1位群だが、内覧会評価が東京建物より劣ったことで、順位を落としている。

※当資料は弊社Webサイト(http://www.a-lab.co.jp/research/press140228.html)でも公開いたします。
(問合せ先)担当:堂坂 03-3221-2556

【アトラクターズ・ラボについて】
1998年に設立した住宅分野に特化した不動産市場分析を専門とするマーケティング会社。
マーケティング・統計解析・ITの三分野を統合させ、大量のデータ取得と分析を行う仕組みを構築。
不動産市場では特異な地位を確立している。
2004年より分譲マンションを本気で考える人のための情報サイト「住まいサーフィン」を運営。

【住まいサーフィンについて】
相場情報や新築マンションの価格予想、中古マンションの自宅査定が話題を呼んでいる。
https://www.sumai-surfin.com/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング