低金利での住宅ローン借り換えをサポートする 無料サービス拡充リニューアルのお知らせ

PR TIMES / 2013年12月5日 19時38分

SBIモーゲージ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:円山 法昭、以下「SBIモーゲージ」)は、2013年12月5日、すでに多くのお客様にご利用いただいている独自の借り換えサポートサービス「借り換え査定」および「レートウォッチャー」をより多くの方にお使いいただけるようリニューアルし、それに加え、資料請求をホームページで受け付けるサービスも開始いたします。



2013年12月は、【フラット35】の金利が過去最低(※1)となり、まさに借り換えの好機となりました。SBIモーゲージでは、「借り換え査定」や「レートウォッチャー」といった独自の無料サービスをさらに多くの方に使いやすくすることで、より多くの方がこの借り換えチャンスを生かして、住宅ローンの返済負担の軽減や、金利上昇リスクの軽減ができるようサポートして参ります。
おかげさまで2013年9月には、当社で住宅ローンの借り換えを実行した件数が過去最多となりました。住宅ローンの借り換えは、現在返済中の住宅ローンと比べて、借り換え後の負担軽減額を計算した上で、メリットが十分にあるときだけ借り換えればよく、【フラット35】のような全期間固定金利の住宅ローンへ借り換えた場合は、借り換え後の金利上昇を心配することのない安心を手に入れることができます。リニューアルしたSBIモーゲージの「借り換え査定」や「レートウォッチャー」をご利用いただけば、借り換えのチャンスを逃さずに、住宅ローンの返済負担を見直していただくことができます。

■リニューアル内容
1.スマートフォンやタブレットにも最適化された画面
これまでは、「借り換え査定」や「レートウォッチャー」をスマートフォンやタブレットからご利用いただく際も、パソコン用デザインの画面のみでの対応でしたが、この度のリニューアルでは、スマートフォンやタブレットからも見やすいデザインとなり、多くの方にご利用いただきやすい画面となりました。

2.使いやすくなったサービス申し込みフォーム
入力補助機能を追加し、より快適にお申し込みの入力をしていただけるようになりました。

3.資料請求サービス開始
【フラット35】の商品概要や最新金利などに関する資料をまとめてお届けするサービスを開始いたします。ホームページから簡単にお申し込みいただくことができ、住宅ローンの検討を始める際などにご活用いただけます。

(ご利用方法)
資料請求サービスのご利用手順やログイン画面については下記のページよりご確認いただけます。
http://www.sbim.jp/loan_service/service/about_shiryoseikyu02.html

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング