エルテックス 第3回通信販売調査レポート 「通信販売事業関与者の実態調査2014」Part1について

PR TIMES / 2014年8月27日 10時13分

オムニチャネル化に関するコンセプト提示への共感度の回答は「いろいろな販売方法の提供はお客様の満足につながる」「EC化は自分の会社の利益が増える」と、理想と現実のギャップが見える内容

ECサイト構築/通販システム構築・支援を主要事業として手掛けている株式会社エルテックス(本社:神奈川県横浜市保土ヶ谷区 代表取締役:犬飼 邦夫 以下、エルテックス)は、通信販売事業関与者の実態調査、「通販事業全般の課題」「困り事・悩み事」「オムニチャネルへの取り組み」などを集計・分析した調査結果の2014年版を発表いたしました。



----------------------------------------------------------------------------
オムニチャネル化に関するコンセプト提示への共感度の回答は「いろいろな販売方法を提供したほうがお客様の満足につながる(68.4%)」「EC化は自分の会社の利益が増える(63.9%)」と、理想と現実のギャップが見える内容になりました。
----------------------------------------------------------------------------

通信販売に関する定期調査の2014年版

エルテックスでは、2000年頃より、ECサイト/通販システムの開発及び構築を積極的に推進しており、このような市場動向を考慮した独自調査「通信販売事業関与者の実態調査2014」を昨年に続き実施いたしました。

調査では通信販売事業に携わるご担当者様の「悩み事・困り事」「通販事業へ対する課題」など、昨年同様の内容の定点調査のほか、「オムニチャネルへの取り組み」「広告やECサイト、顧客分析ツールの導入状況」などを集計・分析いたしました。弊社の中核顧客である通販企業の実態を把握したうえで、通販ビジネスの強化、通販サービス質の向上に向け、ソリューションサービス改善につなげてまいる所存です。

今回は、その第1弾として、「通販担当者のオムニチャネルへの取り組み」「通販事業全般の課題(昨年と同様の質問)」「困り事・悩み事(昨年と同様の質問)」の調査結果を公開いたします。
http://www.eltex.co.jp/eltexlab/

--------------------------------------------------------------------------------
「通信販売事業関与者の実態調査2014」Part1概要
--------------------------------------------------------------------------------

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング