【フィリピン台風緊急募金】国際NGOチャイルド・ファンドが 被災した子どもたちを守るための支援を開始

PR TIMES / 2013年11月22日 18時25分

台風30号による子どもの被災者は500万人を超えると言われ、多くの子どもたちが精神的なショックを受け心に大きな傷を負っています。国際NGOチャイルド・ファンドは、カウンセリングやグループ活動、遊びを通して子どものこころの傷を癒すチャイルド・センタード・スペースを設置し、被災した子どもたちを守るための支援を開始しました。



今回の台風では、自分の暮らす地域全体が被災し、自身の家を失った子どもも多くいます。強烈な暴風雨や高潮によって家屋が破壊される光景を目の当たりにした子どもは、精神的なショックを受け、心に大きな傷を負っています。緊急支援物資の配布等と同様に、子どもたちのこころのケアが重要な課題となっています。

子どもを中心とした支援を行うチャイルド・ファンドは、子どもたちのこころのケアを目的としたチャイルド・センタード・スペースの設置・運営を実施しています。子どもたちが安心して過ごせる環境を整え、心理的ストレスを緩和します。


また、被害を受けた学校の校長は、台風で悲しい経験をした生徒の回復に向けてサポートできるよう、チャイルド・ファンドに「こころのケア」の支援を依頼しました。チャイルド・ファンドは地域の組織・ネットワークと協働して、専門家による心理社会的なケアが実施できるよう、準備を進めています。

***********************
支援地域:レイテ島、サマール島、セブ島、パナイ島、ネグロス島の12の地域 (タクロバン、オルモック、イロイロ、ロハス、ネグロスオクシデンタル、セブ北部、アクラン、アンティーケ、パロ、タナアン、タロサ、ビリラン)
支援対象:台風30号の被害を受けた約12,000世帯、約60,000人
支援内容:【緊急支援】食料の配給、日用品の配給、チャイルド・センタード・スペースの設置・運営、医療支援
支援規模:3億円
実施期間:2013年11月11日~
***********************

■「フィリピン台風緊急募金」を受付中です!

チャイルド・ファンド・ジャパンは、フィリピン台風30号被災者への緊急・復興支援を実施するために、広く緊急募金のご協力を呼びかけています。

▼インターネットからクレジットカードによる募金をお受けしています。 
https://www.childfund.or.jp/form/project.php

▼振込先口座 
三井住友銀行西荻窪支店 普通 0920355
口座名:特定非営利活動法人チャイルド・ファンド・ジャパン
※振込人のお名前の前に「30」とお書きください。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング