Fotolia TEN3、無料PSDダウンロードは7月10日午前10時開始

PR TIMES / 2014年7月10日 11時39分

第3弾はPaul RipkeとNik Ainleyによる未来的ファンタジー「Surf in the City」。www.tenbyfotolia.com にて公開、24時間限定無料

低価格型のストックフォトサイトを運営するFotolia(本社: 米国ニューヨーク、代表取締役: オレグ・テチェルゾフ)は、TENコレクション シーズン3の3組目として、それぞれ独学で学んだアーティスト、ドイツ人フォトグラファーのPaul Ripkeと、イギリス人デジタルイラストレーターのNik Ainleyを特集し、共同制作した作品“Surf in the City”のPSDファイルを、本日7月10日午前10時より24時間限定で www.tenbyfotolia.com にて無料公開します。作品は二人の異なる文化と芸術的背景を反映し、未来に対する独特なビジョンを披露しています。



Surf in the City、神話とテクノロジーが出会う波に乗る
都会のフォトグラファー Paul Ripkeは、未来という観点からハンブルグの街を表現する作品を作りたいと考えました。風車、クレーン、産業、エコロジーが共存する素晴らしい港町のハンブルグだと分かる人もいるかもしれません。そうでなくても、作品の不思議さに目を奪われるでしょう。

この場面は、異様な静けさのある世界滅亡後の街を表現しています。波の中、空中のサーファー、遠くの帆船など至る所に動きがあり、それでいて全ては凍ったように動きを止めているようです。男性も女性も、まるで水の魂のように、海の絵に溶け込んでいます。この混沌とした場面で最も重要なウェイクボーダー(Frederic "Freddy" von Osten、2012年、2013年のヨーロッパチャンピオン、2012年の世界チャンピオン)は、"多くの人の身体の上を飛び越え"、数々の要素に渡ってこの男の優位性をほのめかしています。Ripkeによれば、これは未来のスポーツで、”surfing in the city”というのもそれ程遠い幻想ではないかもしれないそうです。

共同作品が、探索と文化の多様性を推進


Ripkeは、作品はチームワークの美しい実例だと言います。彼は「多様性は、常により良い結果を達成するのに役立ちます」と話し、TENコレクション用にコラボレーションすることは、その最適な例だと語ります。TENプロジェクトへの参加理由の一つには、別の国の人との仕事を楽しみ、ユニークな作品を作るため異なるスタイルを組み合わせるのが好き、ということが上げられます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング