ヘイズ、スキル不足の問題がアジアの成長を損なう恐れがあるとするコメントを発表

PR TIMES / 2014年2月18日 14時44分

【東京2014年2月18日】人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、リージョナル・ディレクター、ジョナサン・サンプソン、以下ヘイズ・ジャパン)は、採用企業を対象に行った調査結果から、アジアでは依然として優れたスキルを持った人材が不足しており、このことが効果的な事業活動を損なう恐れがあるとするコメントを発表しました。

この調査は「2014年度版ヘイズ給与ガイド」の一環として2,600社を対象に実施したもので、95%の企業が、今後、スキル不足によって効率的な事業運営が損なわれる恐れがあると回答しています。こうした状況に対処するため、スキルが不足している分野については、68%の企業が優れた技能を持った海外の候補者の採用や支援に前向きな回答を寄せています。

ヘイズ・ジャパンのリージョナル・ディレクター、ジョナサン・サンプソンは次のように述べています。

「アジア各国を通じて行った当社の調査によれば、63%の企業が過去1年間に事業活動が拡大したと回答しており、今後1年間も拡大が続くと回答した企業は71%に上っています。これは各国経済に対する信頼が増すと同時に、雇用が活発に創出されていることの明確な証です。しかし、高度なスキルを持った人材の需要が高まる一方のアジア地域では、人材の不足が採用担当者にとって大きな課題となっています。ヘイズの調査からは、ほとんどの企業がそうしたスキル不足が事業活動を損なう要因になりかねないと考えていることが明らかになっています。43%の企業が今後1年間で正社員のレベルアップを期待していると回答していることからも、高度な技能を持った人材の需要は今後も続くと見ら
れます。」

ヘイズの最新の給与ガイドによれば、営業・マーケティング、エンジニアリング、人事、経理・財務といった分野では、上級管理職の候補者が非常に不足していることが報告されています。また、営業・マーケティング、エンジニアリング、経理・財務、技術関連、IT、オペレーションといった分野ではジュニアレベルから中堅レベルの管理職候補者についても、適切な人材を採用することが非常に難しくなっています。

サンプソンは、今後も売り手市場は続き、人材の確保が依然として最も重要な課題になると見られることから、賃金水準引き上げの圧力がかかることを指摘しています。

「多くの業界で非常に活発な企業活動が維持され、条件の良い採用案件も大量に発生していることから、適切なアプローチさえ取ることができれば、今後もアジアは多くの候補者を惹きつけることができると考えられます」。
ヘイズの「2014年度版 ヘイズ給与ガイド」はヘイズのホームページ(www.hays.co.jp/salary-guide)でご覧いただけます。印刷版についてはヘイズの最寄りのオフィスまでお申し込みください。また、iTunesで2014年度給与ガイドのiPhone用アプリをダウンロードしていただけます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Tuesday 18 February, 2014

Skills shortage threat to Asia’s growth

Asia’s ongoing skills shortage has the potential to hamper the effective operation of businesses, according to a survey of employers conducted by recruiting experts Hays in Japan.

The survey of 2,600 employers, conducted as part of the 2014 Hays Salary Guide, found that 95 per cent say the skills shortage has the potential to hamper the effective operation of their business. In response, 68 per cent are willing to employ or sponsor a qualified overseas candidate in skill-short areas.

“According to our survey of employers across Asia, 63 per cent said business activity had increased over the past 12 months and 71 per cent expect it to increase this year,” said Jonathan Sampson, Regional Director of Hays in Japan.

“That’s strong evidence in support of a local economy that is both confident and providing jobs. But Asia’s continual demand for high-level skills remains a challenge for hiring managers.

“As our survey shows, most employers say the skills shortage has the potential to hold back their business. Given that 43 per cent of employers expect their permanent staff levels to increase in the year ahead, demand for high-level skills will remain.”

According to the Hays Salary Guide, employers report difficulty recruiting senior management candidates in sales, marketing, engineering, human resources and accountancy & finance. Finding junior to mid management candidates in sales, engineering, accountancy & finance, technical, IT, marketing and operations is also challenging.

Looking ahead, Jonathan says that the main challenge will remain candidate supply in a job rich market, which will put pressure on wages.

“Many industries remain highly active and offer a large number of exciting projects to work on,” he said. “This will continue to tempt candidates, if they are approached in the right way.”

Get your copy of the 2014 Hays Salary Guide by visiting www.hays.co.jp/salary-guide, contacting your local Hays office or downloading The Hays Salary Guide 2014 iPhone app from iTunes.

Hays, the world’s leading recruiting experts in qualified, professional and skilled people.
- Ends -
For further information please contact Claire Martin of Hays in Japan on 03 3560 1529 or claire.martin@hays.co.jp
About Hays
Hays is the leading global specialist recruiting group. It is the expert at recruiting qualified, professional and skilled people worldwide.
Hays Specialist Recruitment Japan KK ("Hays") is the largest foreign recruitment company in Japan and operates across the private sector, dealing in permanent positions, contract roles and temporary assignments. Hays has been in Japan for more than a decade, and boasts a track record of success and growth.
Hays is the only foreign recruitment company in Japan to operate specialist business units composed of professionals with experience and expertise in the sectors they cover. Hays Japan’s thirteen specialisms span Accountancy & Finance, Banking, Finance Technology, Human Resources, Hays Resource Management, Information Technology, Insurance, Legal, Life Sciences, Office Professionals, Property, Sales & Marketing and Supply Chain.
Hays is also the only foreign recruitment company in Japan to operate three local offices, serving the Kanto region from Akasaka and Shinjuku, and Kansai from central Osaka.
Hays Japan is the local representative office for Hays plc, which is a global company with more than 7,840 staff operating from 239 offices in 33 countries across 20 specialisms.
Hays operates in the following countries: Australia, Austria, Belgium, Brazil, Canada, Colombia, Chile, China, the Czech Republic, Denmark, France, Germany, Hong Kong, Hungary, India, Ireland, Italy, Japan, Luxembourg, Malaysia, Mexico, the Netherlands, New Zealand, Poland, Portugal, Russia, Singapore, Spain, Sweden, Switzerland, UAE, the UK and the USA.

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング