2014年10月の世界新車販売台数は年率換算で8,800万台-グローバル新車市場トレンド

PR TIMES / 2014年11月17日 10時12分

英LMC社2014年10月の世界自動車販売台数を発表

・英調査会社LMC Automotiveが発表した10月のグローバル・ライトビークル(乗用車・小型商用車を指す。中大型商用車を除く)販売は、世界的に経済状況に懸念が出ているにもかかわらず季節調整済み年率換算ベースで8,800万台/年と過去最高レベルとなった。好調な中国および北米と西欧の堅調な販売の結果である。
・東欧の需要はやや弱いままであるが、ロシアの販売はここ数カ月に比べて少し改善した。ブラジルとアルゼンチンの市場は弱いままである。




北米

・10月の米国ライトビークル販売は、好調な9月販売の繰り返しではないが、季節調整済み年率換算の販売は市場の堅調さを示す1,640万台/年と なった。ライトトラック需要は1~10月で10%増と好調、乗用車需要も10月は2%増、1~10月は0.6%増とわずかながら前年同期を上回っている。
・カナダの10月のライトビークル販売は極めて好調で、季節調整済み年率換算は190万台/年超となり、2014年通年の販売は新記録となることが確実となった。

欧州

・西欧に経済状況へ悲観的な見方が広がる中で、10月の自動車市場は相対的に堅調な販売となった。中東欧の不振をカバーしてまだ余裕があるように、西欧ライトビークル市場は約6%拡大した。イギリス、スペイン、ドイツ市場は好調であったが、フランス市場には懸念が残る。
・10月の中東欧のライトビークル販売は前年同月比4.5%減となった。ロシアではスクラップ・インセンティブが販売を増加させ始め、中東欧地域の前年同月比ベースの減少幅が9月の14%から縮小した。しかしながら、スクラップ・インセンティブの効果は短期的に終わるかも知れない。持続的なルーブルの下落と石油価格の低下から、ロシアの経済見通しは弱いままである。トルコの季節調整済み年率換算の販売も、2014年初めの低かったレベルと比べて改善が続いている。
・欧州全体の10月販売は3%増となった。

中国

・速報値によれば、10月の季節調整済み年率換算販売は急上昇して2,440万台/年となり、9月から6%近く増加した。2014年1~9月の間、季節調整済み年率換算の販売は2,200~2,300万台/年を前後していたが、ディーラーへの出荷が勢いづいたようである。おそらく自動車メーカーが年間目標の達成を目指そうとしているのかもしれない。
・前年同月比で10月乗用車販売は10%近く増加したが、小型商用車販売は5%近く減少したと推計される。中国の排気規制「国4」(Euro 4)の適用をめぐる不確実性と減速しつつある経済が小型商用車販売を弱体化させている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング