JBL カナルイヤフォンと音響テクノロジ HTC 社の新型スマートフォン HTC J butterfly(J バタフライ)に採用

PR TIMES / 2014年8月19日 13時38分

ハーマンインターナショナル株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:仲井 一雄)は、本日HTC NIPPON 株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:村井 良二)が発表したHTC J シリーズ第4 弾となるスマートフォン「HTC J butterfly (HTL23)」に、特別仕様のJBL カナルイヤホンと、Live StageTMと名づけられたイヤホンでの聴く音楽に広がりとクリアなステージングをもたらすテクノロジが採用されたことをお知らせします。



HTC J butterfly は、お客様にスマートフォンをもっと楽しく使って頂くために、をコンセプトにカメラ・音・使い心地の3 点から様々な開発を行い進化させた最新モデルで、この内の音に関わる製品と技術の一部をJBL が提供しています。同製品に採用されたJBL カナルイヤホンは、トップクラスの音響性能を持つJBL J22 という製品をベースに、新たに高性能マイクロフォン機能を開発し、音楽/電話のオンオフスイッチを付加しました。
また、ハーマンの音響エンジニアが同製品に新たに装備されたデュアルフロントスピーカーの音響チューニングも担当し、ラウドネス・再生帯域・リニアリティ(原音の再現性)の観点からベストの音響を実現しました。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング