スマートデバイスを介した企業の情報漏えい防止に貢献 日本初となるスマートデバイス紛失・盗難対策ツールの無償提供「LanScope An Free」2014年11月27日(木)より提供開始

PR TIMES / 2014年11月27日 15時36分

エムオーテックス株式会社(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:河之口達也、以下MOTEX)は、“NO MORE 情報漏えいプロジェクト”の第一弾として、スマートデバイス紛失・盗難対策ツールとしては日本初の無償提供となる “LanScope An Free(ランスコープ アン フリー)” (URL:http://www.lanscope.jp/an/free/)を2014年11月27日(木)より提供開始いたします。




MOTEXでは、企業の「情報漏えい」の解決、防止に貢献していくことを目的とした啓発プロジェクト、“NO MORE 情報漏えいプロジェクト”(特設サイトURL:http://www.motex.co.jp/nomore/)を2014年10月27日(月)に発足しました。

今回、本プロジェクト活動の第一弾として、スマートフォン・タブレットの資産管理・行動管理・セキュリティ対策を実現するスマートデバイス管理ツール“LanScope An(ランスコープ アン)”(URL:http://www.lanscope.jp/an/)を、紛失・盗難対策機能に限定して無償提供することを決定。スマートデバイス紛失・盗難対策ツールとしては日本初の無償提供となる“LanScope An Free(ランスコープ アン フリー)”を2014年11月27日(木)より提供開始します。
提供開始に先駆け10月27日(月)に開設した“LanScope An Free”の特設サイトには、約1ヶ月で500社におよぶ問い合わせをいただいています。「他の無料ツールは不安でしたが、LanScope製品なら安心して導入できます」、「無料で、電話・メールなどのサポートがついているのは大変助かります」などといったご意見やお問い合わせを多数いただき、提供開始事前期のユーザ様からの反響が大きくなっています。

またMOTEXは、月額150円で24時間365日紛失時のリモートロック・ワイプ操作を代行するヘルプデスクサービス“24/365紛失対策サポート”を同時に開始します。紛失対策は発覚からできるだけ早くに実施すべきですが、夜中や休日などに紛失することが多く、システム担当者が不在のため、即座に対策できないという課題があります。“LanScope An Free””と本サービスを組み合わせて利用いただくことで、システム担当者の運用負荷軽減とともに、紛失によるスマートデバイスから情報漏えいリスクをさらに削減することができます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング