不倫の期間は一般的に1年前後?3年以上と回答した人は1割に留まる。最も多い破局原因は不倫発覚か。過去に不倫を経験した人100名を対象に、不倫の期間と破局原因を調査。

PR TIMES / 2020年6月12日 17時3分

不倫経験者の半数近くが不倫期間を「半年~1年」「1~3年」と回答。不倫期間「3年以上」との回答は1割に留まる。最も多い破局原因は、周囲への不倫発覚。慰謝料問題などのトラブルに繋がるケースも。

弁護士相談プラットフォーム「カケコム」を運営する株式会社カケコムは、過去に不倫経験のある男女100名を対象に、「不倫期間と不倫の終わり方に関するアンケート」を実施しました。世の中の不倫カップルの一般的な不倫期間の長さと不倫関係の終わり方、さらにそこから見えてきた不倫のリスクについてご紹介します。



昨今、芸能界でも話題になっている不倫騒動。結婚前から浮気が続いていたり、数年に渡る大恋愛だったりと、不倫期間が長いケースも目立ちました。

では実際、世の不倫カップルは、どれほどの期間不倫を続けているものなのでしょうか?
そんな疑問にお答えするため、今回カケコムでは、過去に不倫経験のある方を対象に、「不倫の期間」と「不倫関係の終わり方」についてアンケート調査を行いました。

世論の批判対象になりやすい不倫ですが、当人たちは人知れず深く思い悩んでいるケースも少なくありません。本記事が、少しでもそんな悩みを抱えた方たちの手助けになれば幸いです。

【不倫期間と不倫に伴うリスクに関するアンケート 調査概要】

[画像1: https://prtimes.jp/i/19346/10/resize/d19346-10-742933-0.png ]


一般的な不倫の期間はどれくらい?
カケコムではまず、過去に不倫経験のある方を対象に、どれくらいの期間不倫をしていたのか、アンケートを行いました。
[画像2: https://prtimes.jp/i/19346/10/resize/d19346-10-455854-1.png ]

その結果、「1~3年」と回答した方が24%と最も多く、「3ヶ月~半年」「半年~1年」との回答が23%と、「1~3年」に次いで多くなりました。

よく「不倫の期間は平均すると1年くらい」ということを耳にします。今回のアンケートで不倫期間1年前後にあたる「半年~1年」「1~3年」の合計に着目すると、47%と全体の半数近くを占める結果となっており、「不倫の期間は平均すると1年くらい」というのはあながち間違ったことは言っていないことがわかりますね。
また、不倫期間が「3年以上」と答えた方は全体の1割程度に留まり、長期に渡って不倫をする人はそんなに多くないことがわかります。

不倫関係が終わるのはどんなとき?
一般的な不倫の期間についてわかったところで、次に不倫カップルがどのように不倫を終えているのか気になってきますね。不倫の交際期間が短い傾向にあるのは、不倫関係の終わり方にも関係しているのでしょうか?また、世の不倫カップルは、どういったことをきっかけに不倫関係を清算しているのでしょうか?
そんな疑問にお答えするため、カケコムでは次に不倫関係の終わり方について、アンケートを実施しました。
[画像3: https://prtimes.jp/i/19346/10/resize/d19346-10-945178-2.png ]

結果としては、不倫関係が周りにばれそうになった、もしくはばれたために、不倫関係を解消したという回答が最も多くなりました。このことから、やはり不倫にはリスクがつきものだということが再認識できるかと思います。

「周りにばれそうになった(ばれた)」と回答した方の声
不倫期間は、やはり長ければ長いほど、周りに不倫がばれてしまうリスクも高まります。今回のアンケートでも、「周りにばれそうになった(ばれた)」と回答した方は、不倫期間が比較的長い傾向が見られました。

40代男性(不倫期間:3年以上)


会社の後輩と関係を持っていました。結論としては、探偵を雇われて証拠を突きつけられて、慰謝料請求が彼女に行き、関係を終わらせる条件で慰謝料破棄となりました。


40代男性(不倫期間:3年以上)


ダブル不倫でしたが相手の旦那に関係がバレてしまったことで血みどろの争いになり、結局、疲れてしまい終了しました。


その他にも、友人や職場の人に知られてしまったり、噂が広まってしまったため別れたという声もありました。

20代女性(不倫期間:1~3年)


友人に目撃され噂が広まったため、関係を終わらせました。別れたくないと何度も連絡がきたが、これ以上関わるのは危険だと感じ、自分から身を引きました。


40代男性(不倫期間:半年~1年)


同じ職場の部下の女性社員と不倫関係にあったが、ある日、役員から呼び出されて「君たちの関係が社内で噂になっている。清算するか否か、関係をきちんとさせなさい」と忠告を受けたため、部下との不倫を終わらせた。


「気持ちが冷めた」と回答した方の声
ここでは、忙しくなったり、関係がマンネリ化することで会う頻度が減り、気持ちが冷めてしまったという声が複数あげられました。家庭と両立しなければならない不倫は、日程の調整やアリバイ作りの労力、家族への罪悪感から疲れやストレスがたまり、気持ちが冷めてしまうこともあるようです。

50代女性(不倫期間:1~3年)


20代で独身の時に妻子のいる人と付き合っていましたが、仕事が忙しくなって会う機会が少なくなって、お互いに気持ちが冷めて別れることになりました。精神的にかなり疲れたので、するべきでは無かったと後悔しました。


30代男性(不倫期間:3ヶ月~半年)


最初だけ盛り上がりましたが、徐々にマンネリ化しました。密会の日程調整やアリバイ作り、嫁には内緒で取得した有給休暇の乱用など、面倒なことや手間なことが多く、会う楽しさより、会う段取りに疲れて終わりました。


「自然消滅した」と回答した方の声
仕事の異動などにより、それまでのように頻繁に会うことが難しくなり、そのままフェードアウトしてしまったという声が複数寄せられました。

40代男性(不倫期間:半年~1年)


私が転職して会う機会自体が減ったのと経済力もなくなったのとで、ぎこちなくなり自然消滅しました。既読スルーなんて気にしてる連中は御苦労様だなと思っていましたがその悲しさを思い知らされましたね。


30代男性(不倫期間:3ヶ月~半年)


同じ部署の先輩と飲み行ってその流れで一夜を一緒にして体の関係が続きましたが、海外転勤の際に関係が終わりました。


「不倫相手とは別に本命ができた」と回答した方の声
片方が既婚でもう片方が未婚のカップルだった場合、未婚の方の結婚を機に不倫関係を解消したという回答が複数得られました。

30代男性(不倫期間:3ヶ月~半年)


私が既婚者、相手が独身であり、相手が結婚したタイミングで終わりました。


30代男性(不倫期間:3ヶ月~半年)


会社の後輩の女の子と宴会後にホテルに行ってしまい身体の関係が続きましたが相手の結婚を機に関係が終わりました。


「不倫相手が(に)本気になる前にやめた」と回答した方の声
不倫というのは悲しいかな、一生添い遂げるケースは稀で、いつか別れる前提の関係性である場合がほとんどです。そのため「相手が自分のことを本気で好きになってきてるかも…」「付き合っていくうちに本気で好きになってしまいそう…」と感じた場合、その時点で別れを決意する方も一定数いるようです。

40代男性(不倫期間:3ヶ月~半年)


当時私は独身で、相手の女性が既婚で不倫となっていました。終わり方は向こうから別れを告げられました。これ以上逢ってると忘れられなくなるから、今のうちに別れましょう的な感じの事をメールで伝えられました。こちらから電話をしても一度も出てもらえず。メールを何通か送ったら一度だけ返事をもらえました。ただその文面は「今までありがとう」の一文だけで、それで終了。それを最後にこちらからも連絡をやめ、彼女とはそれっきりです。


30代男性(不倫期間:3ヶ月~半年)


妻とセックスレスになり、離婚を考えていた時に忘年会でバツイチの職場の女性に酔った勢いで離婚したい思いについて相談することがありました。その時にとても親身に話を聞いてくれて、その後も気にかけてくれました。受け入れられた感覚が嬉しくて連絡をするようになり、不倫関係になりました。その後妻と正式に離婚が成立したタイミングで相手の女性から「もう2人では会わないようにしよう」と言われました。これから胸を張って会えると思ったのに意味が分からず呆然としてしまいました。しかし、今振り返るとあのタイミングで会わないようにした方がお互い深入りすることなく満たされた状態で離れられたので良かったと思っています。最後まで優しく包んでくれました。


「不倫相手に騙されていた」と回答した方の声
ここでは、不倫相手が既婚である事実を隠していたり、全然離婚の予定がないのに「もうすぐ離婚するんだ」と嘘をつかれていたといった回答がありました。

30代女性(不倫期間:1ヶ月未満)


向こうの奥さんの妊娠が発覚して終わった。未婚と言っていたが既婚だったので、一瞬で連絡を取らなくなった。


40代女性(不倫期間:1ヶ月未満)

若い頃飲み会で知り合った男性。奥様とは別居中で離婚間近ということで付き合い始めたが、奥様は妊娠中で別居なんかしていなかった。


「配偶者との間に子どもができた」と回答した方の声
家庭で子どもが生まれることで、日々の生活がこれまでより忙しくなりますし、不倫に対する罪悪感やばれることへの危機感が増しますよね。そのため、家庭で子どもが生まれる、もしくは自身が妊娠したのを機に不倫関係を清算する方も多いようです。

40代女性(不倫期間:半年~1年)


私が主人の子供を妊娠したので終わりにした。ずっと続けるつもりはお互いなかったのでスムーズに終わりました。


40代女性(不倫期間:3年以上)


相手の方の家庭に子供が出来たと言う話しを聞いて、これ以上はないなと思い終わりにしました。


さて、不倫関係の終わり方について、いかがでしたか?一口に不倫といっても、その裏には様々なストーリーや関係性があるのを感じられたのではないかなと思います。

不倫はもちろんいけないことですが、している当人たちは人知れず深く思い悩んでいることも少なくありません。不倫関係に悩んでいる方がいらっしゃいましたら、これまでの不倫経験者たちが何をきっかけに不倫関係を清算しているのか参考にしつつ、自分は今後どうすべきなのか考えてみてはいかがでしょうか?

不倫発覚後のトラブルについて
今回のアンケートでは、不倫関係が終わった原因として不倫が周りにばれてしまったと回答した方が多くいらっしゃいました。不倫のリスクについて考えたときに、不倫がばれてしまった後のトラブルについても気になりますよね。
そこで次に、不倫発覚後、不倫に関するトラブルに発展してしまった方を対象に、トラブルの内容について伺いました。

不倫発覚後のトラブルとして多かったのは、やはり慰謝料に関する問題です。

40代男性(不倫期間:3年以上)


内容証明郵便で不倫相手に慰謝料請求がありましたが、不倫相手と別れる条件で破棄して貰いました。


30代女性(不倫期間:半年~1年)


相手側の奥さんが探偵をつけ、自分が勤めていた会社に連絡があり、会社を退職しました。その後、内容証明が送られてきて、慰謝料を払うことで、問題を終わらせました。


40代男性(不倫期間:3ヶ月~半年)


不倫がバレて裁判になりそうになりこちらとしても、それだけは避けたかったので彼女の旦那さんに慰謝料を払って彼女との不倫が終りを迎えました。


その他にも、不倫の発覚で仕事に影響が出てしまった方もいらっしゃいました。

30代女性(不倫期間:1~3年)


修羅場ではないですが、相手の奥さんも同じ職場だったので、奥さんに無視されていました。


30代女性(不倫期間:1~3年)


同じ職場同士での不倫、しかも奥さんも同じ職場だったので奥さんに不倫がばれるとともに会社を辞めることを請求されたので仕方なく退職することにしました。


いかがでしたか?実際に不倫経験のある方のお話を伺ってみると、思ったより不倫が周りにばれてしまうケースが多く、そのリスクの大きさを実感できたのではないでしょうか?

「現在不倫をしている」「不倫相手との関係に悩んでいる」といった方は、取り返しのつかない事態になる前に不倫相手との関係を考え直し、早めに関係を清算することをおすすめします。この記事が、不倫で悩んでいる方が今後、自分の本当の幸せを掴むためのきっかけになれれば幸いです。

また、もし不倫が配偶者や周囲の方にばれてしまい、慰謝料問題などで悩んでいる場合は、一度弁護士へ相談することをおすすめします。場合によっては慰謝料の減額などを見込める場合があります。

弁護士相談・依頼を検討している方は、ぜひカケコム在籍弁護士をお頼りください。
https://www.kakekomu.com/search?cat=1

この調査については、カケコムの記事( https://www.kakekomu.com/media/18851/)からご確認いただけます。
データを引用される際は、出典元として必ずこちらのURL( https://www.kakekomu.com/media/18851/)をご記載いただきますよう、お願いいたします。

◆株式会社カケコム概要

会社名:株式会社カケコム
所在地:150-0043東京都渋谷区道玄坂2-11−4 ストークビル道玄坂801号
代表者:代表取締役CEO 森川 照太
設立:2016年5月2日
会社URL: http://company.kakekomu.com/
事業内容:トラブル解決のプラットフォーム「カケコム」の運営・開発


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング