エシカルゾーンが登場!2021年の出展者募集

PR TIMES / 2020年10月8日 19時15分

出展小間サイズに新メニューも。「インテリア ライフスタイル」が2021年5月開催

メッセフランクフルト ジャパン株式会社(代表取締役社長:梶原靖志)は、半年先のライフスタイルマーケットを提案するインテリア・デザインのための国際見本市「インテリア ライフスタイル 2021」の出展者を募集します。2020年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、やむなく中止となりましたが、出展小間サイズの新メニューや新出展ゾーンを携え2021年5月19日(水)-21日(金)の3日間、東京ビッグサイト青海展示棟にて開催します。デザイン性に優れた小物・雑貨を中心に、衣・食・住に関わる幅広い商材が一堂に会した2019年は、日本をはじめアジアのデザイン市場を牽引する770社の出展者と、20,000人を超えるバイヤーやデザイナーが来場しました。見本市ディレクターは前回に引き続きSUPPOSE DESIGN OFFICE Co., Ltd.の谷尻誠氏と吉田愛氏が務めます。
実際に商品を見て、触って、五感で感じることができる「リアル」の良さに加え、予期せぬ出会いがもたらすビジネスチャンスの場を提供します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/39004/10/resize/d39004-10-401661-2.jpg ]


■出展小間に新サイズが登場
小物などを扱う出展者からの要望を受け、2021年より既存の1小間9平米より一回り小さい出展スペースを追加しました。新サイズは6.3平米(間口3 × 奥行2.1m)、小間数に応じてパッケージ装飾付きとスペースのみの2種類から選択できます。また、それ以外にも特別企画や支援ゾーンなどの出展エリアによって、それぞれ異なる小間サイズを展開しています。
[表: https://prtimes.jp/data/corp/39004/table/10_1.jpg ]



■持続可能な社会の実現を目指す「エシカル」ゾーンの新設
商材カテゴリーやテーマに合わせたゾーン構成の中に、新たに「エシカル」が新設されました。持続可能な社会の実現を目的に、環境、人・社会、地域に配慮した商品が対象になります。環境保全、アップサイクル、フェアトレード、障がい者支援につながる商品、オーガニック、地産地消などの商品を求める小売業者、飲食業者、エシカル推進団体や官公庁、学校を対象に来場誘致を行います。
[画像2: https://prtimes.jp/i/39004/10/resize/d39004-10-330821-0.jpg ]


■本気で商品を探すバイヤーが多数来場
「インテリア ライフスタイル」の来場者の約30%が小売や専門店のバイヤーです。また、全体の85%が買付け権限や影響力を持ち、主にインテリア製品、テーブルウエア、家具を探しています。30年以上続く見本市として、感度の高い来場者が多いと出展者から定評があります。
[画像3: https://prtimes.jp/i/39004/10/resize/d39004-10-713047-1.jpg ]


■出展者対象のアワードも開催
全出展者を対象にした、業界の名バイヤーにより選定される「Best Buyer's Choice」と、次世代のインテリア・デザイン業界を担う若手を対象にMesse Frankfurt Exhibition GmbH アンビエンテブランド総責任者 ニコレット・ナウマンが選定する「Young Designer Award」が会期中に発表されます。「Young Designer Award」には副賞として、2022年にドイツ・フランクフルトで開催する世界最大級の国際消費財見本市「アンビエンテ」の招待出展が付与されます。

■商材カテゴリーやテーマに合わせたゾーン構成
HOME:家具、照明、テキスタイル、インテリアグリーンなど
ACCENT:デザイン雑貨、ギフト、文具、フレグランス、服飾雑貨など
KITCHEN LIFE:テーブルウエア、キッチンツール、調理家電など
EVERYDAY:収納、掃除、ランドリー、バス・トイレ用品、生活家電など
ETHICAL(NEW!):環境、人・社会、地域に配慮した商品
JAPAN STYLE:日本のデザインとものづくりを世界に発信
MOVEMENT:最新デザインの動向を反映するプレミアムゾーン
TALENTS / NEXT / FOODIST:若手企業家、新進気鋭のデザイナー、多様な食の提案など

■インテリア ライフスタイルとは
アジアの中心東京からインテリア・デザイントレンドを発信する場として、デザイン性の高いインテリア雑貨、日用品、家具、アパレル小物、食品など衣食住に関わる商材を求める来場者が集うインテリア・デザイン見本市です。ドイツ・フランクフルトで開催される世界最大級の国際消費財見本市「アンビエンテ」、テキスタイルの国際見本市「ハイムテキスタイル」の二つを母体とし、秋開催の「IFFT/インテリア ライフスタイル リビング」とともに、強力なグローバルネットワークを活かして日本国内のみならず世界市場への進出もサポートします。

名称:インテリア ライフスタイル(Interior Lifestyle Tokyo)
会期:2021年5月19日(水)-21日(金)10:00-18:00(最終日は16:30まで)
会場:東京ビッグサイト 青海展示棟
主催:メッセフランクフルト ジャパン株式会社
出展製品:デザイン雑貨、テーブルウエア、家具、キッチン用品、生活用品、ギフトアイテム、ベビー・キッズ用品、服飾雑貨、テキスタイル、リフォーム・インテリア部材など
来場対象:小売店、セレクトショップ・専門店、百貨店、量販店、通信販売、卸・商社(国内商材専門)、輸入業・商社(海外商材専門)、デザイン事務所、インテリアコーディネーター・デコレーター、設計事務所、住宅・建設・商業施設関連、ホテル・旅館・レジャー施設、レストラン・カフェ・バー、フローリスト・花屋、メーカー、国内外の報道関係者など
2019年実績:出展者数:770社(26カ国・地域)、来場者数:21,597名(33カ国・地域)
申込締切:1月29日(金)
公式サイト:www.interior-lifestyle.com

■出展・来場に関するお申込み・お問合せ先
メッセフランクフルト ジャパン株式会社
インテリア ライフスタイル事務局
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋1-3-2 曙杉館7F
Tel. 03-3262-8443 / Fax. 03-3262-8442
info@interior-lifestyle.com


このリリースのPDFはこちら
https://prtimes.jp/a/?f=d39004-20201008-7650.pdf

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング