サラ・オレイン初の無観客ライブ『~No Ordinary Live~土曜の夜のサラ・オレイン』開催決定!

PR TIMES / 2020年7月15日 15時40分

オンライン・エンターテインメントをビルボードライブ横浜から配信



[画像1: https://prtimes.jp/i/40478/10/resize/d40478-10-148221-2.jpg ]

株式会社東北新社(本社:東京港区)とJ:COMグループの株式会社エニー(本社:東京都中央区)はヴォ―カリスト・ヴァイオリニストとして活躍するサラ・オレイン初の配信イベント『~No Ordinary Live~土曜の夜のサラ・オレイン』を8月1日(土)ビルボードライブ横浜からイープラスのストリーミングサービスStreaming+(ストリーミングプラス)で配信することが決定しました。

構成・脚本・演出すべてをサラ・オレインが担当し、オンラインだからこそできるトークやスキット、そして音楽をお届けするエンターテインメント・ショー『No Ordinary Live』。過去に開催されたコンサート『シネマ・ミュージックwithサラ・オレイン』は各地で好評を博し、アルバム・DVDも発売、将来は映画を撮るのが夢という「表現者」サラ・オレインならではのステージにご期待下さい。

楽曲はオリジナル曲やジャンルを超えた多彩なプログラム、先日逝去された映画音楽の巨匠、エンニオ・モリコーネの名曲「シネマ・パラディーゾ」(映画『ニュー・シネマ・パラダイス』より)等の映画音楽もお届けする。そして今回の配信ライブでは、メッゾ・ソプラノの歌姫キャサリン・ジェンキンスの最新アルバムで、歌でデュエットが実現した坂本龍一の「メリー・クリスマス・ミスター・ローレンス(遥か彼方に)」(映画「戦場のメリークリスマス」より)の発売を記念し、サラ・オレインによるソロ・バージョンで本曲をお送りする予定です。

配信ライブの後はリアルタイムで視聴者との交流を楽しむ「Sarah Bar」をオープン。オンラインならではのアフターショーをご用意しています。

圧倒的な歌唱力・ヴァイオリン演奏はもちろん、女優そしてコメディエンヌとしてのサラ・オレインの新たなオンラインでの表現をお楽しみください。

【サラ・オレイン コメント】
時代はどんどんオンラインへとシフト。中々皆さんに会えない、ライブを実現できない寂しさが続く。「生」に勝るものはないと思う身として、考えさせられる。逆に、オンラインだからできることとは何か?ただのライブではない、正に “No Ordinary Live“というコンセプトに至りつく。映画を作りたいという思いも重なり、生配信ならではの演出に拘りたい。少人数の素晴らしいチームとお届けする大人の空間でのエンターテインメント。カメラワーク、スキット、画面の前の皆さんとのリアルタイム“Interaction”。そして「さらば」するのにまだちょっと早いと思う方には、特別カウンター“Sarah Bar (サラバー)”にてよりパーソナルなひと時を。オンラインだからこそ今しか見られない、表現者サラ。普段ライブに足を運べない方々、ご家族でも見てもらいたい『土曜の夜のサラ・オレイン』開幕。

【配信概要】
「~No Ordinary Live~土曜の夜のサラ・オレイン」
■日時:2020年8月1日(土)19:00開始~20:00終了予定
※Sarah Bar(別途チケット必要) 20:30開始~21:00終了予定
■出演:サラ・オレイン(ヴォーカル/ヴァイオリン)、クリヤ・マコト(ピアノ)
■視聴券:No Ordinary Live¥3,500/Sarah Bar ¥1,000
7月15日(水)12:00よりイープラスにて販売開始
https://eplus.jp/sarahalainn/st/
■チケット購入・視聴方法について
イープラスStreaming+ユーザーガイド
https://eplus.jp/sf/guide/streamingplus-userguide
■注意事項
※演奏曲目は変更になる場合がございます。
※ライブ配信時間は変更になる場合がございます。予めご了承ください
※途中から視聴した場合はその時点からのライブ配信となり、巻き戻しての再生はできません
※視聴可能期間:2020/8/4(火)23:59まで(ライブ配信後に再配信処理を行いますのでご覧いただけない時間がございます)
※「Sarah Bar」のアーカイブ配信はございません
※視聴方法:ご入金確認後メールで視聴URLをお知らせしますので(または申込状況照会より「QRチケット表示」を押す)、購入時のイープラスID/PWでログインしてください
※配信映像の撮影・録音・録画および宣伝行為などの商用利用、私的使用も一切禁止です。マナーを守ってお楽しみください
■お申し込み受付に関するお問合せ、Q&A
https://eplus.jp/qa/ (PC・スマートフォン)
■公演に関するお問い合わせ:エニー/チケットポート 
https://www.any-group.jp/contact/

主催:東北新社、J:COM/エニー   協力:ザ・シネマ



【プロフィール】
サラ・オレイン Sarah Àlainn
[画像2: https://prtimes.jp/i/40478/10/resize/d40478-10-978459-3.jpg ]


オーストラリア出身。ヴォーカリスト、ヴァイオリニスト、作詞作曲家、コピーライター。英語、日本語、イタリア語、ラテン語を操るマルチリンガル。マルチプレイヤー。音が色で見える共感覚者でもある。東京大学に留学。2012年メジャーデビュー、全アルバムでクラシック・チャート1位を獲得。15年「太陽の家」50年式典にて上皇上皇后両陛下の御前で国歌独唱。ゲームソフト「タイムトラベラーズ」の「The Final Time Traveler」では羽生結弦選手と共演。グラミー賞16度受賞の名プロデューサー、デイヴィッド・フォスター、アンドレア・ボチェッリなどと共演。ムーミン映画『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』の日本語と英語版の主題歌を歌唱。NHK大河ドラマ『西郷どん』劇中歌、テレビアニメ『約束のネバーランド』劇伴曲などを歌唱。NHK『おとなの基礎英語』では2年連続レギュラー出演。国際放送NHKワールド『KABUKI KOOL』では片岡愛之助とナビゲーターを担当。NHKよるドラ『腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。』で女優デビューを果たす。TOKYO FM『Peace of Mind ~土曜の朝のサラ・オレイン』では長年パーソナリティを担当。イギリスのテレビ放送局ITVからの依頼によりITVラグビーワールドカップ2019日本大会放送テーマ曲「World In Union」ではエミリー・サンデーとデュエット歌唱。20年7月にはメッゾ・ソプラノ、キャサリン・ジェンキンスとのデュエットで坂本龍一の「戦場のメリークリスマス」を歌で表現。ベストアルバム『Timeless』発売中。
オフィシャルサイト:www.sarahalainn.net

クリヤ・マコト
[画像3: https://prtimes.jp/i/40478/10/resize/d40478-10-119407-1.jpg ]


ピアニスト、作編曲家。ウェストバージニア大学にて言語学を学ぶ傍らライブ活動を開始。卒業後はピッツバーグ大学にてジャズ講師を務め、同時に米東海岸各地でジャズピアニストとして活躍。グラミー受賞者チャック・マンジョーネ・グループに参加するほか、ジェームズ・ムーディー、ドナルド・バードなど多くの巨匠と共演した。帰国後は自らのグループで活動を開始し、20枚以上のリーダー作をリリース。また10回以上におよぶヨーロッパ・ツアーを行い、ブラジル、オーストラリア、インドでのツアー、モロッコ、インドネシア、台湾、エジプトでの公演も成功をおさめる。ポーランド国営ラジオ、ハンガリー国営テレビにて自己のグループのライブ番組がオンエアされ、イギリスBBCラジオ、アメリカ国営放送局VOAのジャズサイトにて特集が組まれるなど、常にワールドワイドな活動を展開している。ソウルフルなテイスト、音色の透明感、鋭いナイフのようなリズムの切れ味、オープンで確かな音楽性が、国境を越えて共感を獲得している。
オフィシャルサイト:www.makotokuriya.com


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング