【地方移住×マネー】FP会社がWebメディア「移住のお金.jp」の立ち上げ準備中!2020年2月のオープンを目指します

PR TIMES / 2019年11月30日 16時35分

地方移住の暮らしと起業を知るマネーメディアとして、情報を発信していきます

保険を販売しないファイナンシャルプランナー(FP)会社、FPサテライト株式会社(中央区銀座、代表取締役 町田萌)は、地方移住に関するマネーの情報を提供するWebメディア「移住のお金.jp」の立ち上げに向けて準備を進めています。



[画像1: https://prtimes.jp/i/41190/10/resize/d41190-10-827669-0.jpg ]




「移住のお金.jp」メディアコンセプト

地方に移住する前後にまつわるお金や仕事、人生計画、起業に関わるマネー情報を発信するメディアです。
地方移住前に必要となるお金の計画や移住後に想定される家計や仕事の計画、地方で起業を選択した場合などに、お金の問題は切っても切り離せない問題です。これまでは移住先の仕事や起業などにフォーカスされることが多くありましたが、それらを検討するにあたり重要な要素となる経済面の問題を解決できるメディアを目指します。
ファイナンシャルプランナーを始めとするお金や起業の専門家による情報や、各自治体の情報、各地域の情報などを幅広く発信することで、地方移住の促進ひいては地方創生、地方活性化への貢献を目的とします。



「移住のお金.jp」立ち上げの背景


[画像2: https://prtimes.jp/i/41190/10/resize/d41190-10-310821-1.jpg ]

FPサテライトの地方に対する想い
FPサテライト専務は北海道十勝地方の出身、代表は千葉県ですが自然豊かな限界集落の中で育ち、両名とも地方や豊かな自然溢れる地域に想い入れがあります。同じように、東京にいながら出身地への愛着を持ち、地方へ貢献できる方法を模索する方も見てきました。
FPサテライトは、FPという職業を通じて地方活性化へ貢献していくべく、創業当初より模索を続けております。


[画像3: https://prtimes.jp/i/41190/10/resize/d41190-10-506118-3.jpg ]

経済的問題は移住後に定住できない原因の一つ
FPサテライトは、地方に移住したい方のライフプランニング相談を行っており、地方自治体の方にお話を伺う中で、せっかく移住をしたのに定住できなかった場合の要因として、大きく「人間関係」「仕事」「経済的問題」の3つを挙げる自治体が多く見受けられました。そのうち、「仕事」「経済的問題」はFPが携わることのできる部分であります。これらの問題を解決する情報をより広く発信していきたいと考え、今回のWebメディア立ち上げ準備に至りました。



地域のフォトや情報を募集中!


[画像4: https://prtimes.jp/i/41190/10/resize/d41190-10-263398-4.jpg ]

【地域の風景写真を送ってください!】
「移住のお金.jp」に掲載する風景写真を募集します。
お送りいただいた写真を掲載する場合はクレジットを記載させていただきます。
詳細はお問い合わせください。

【地域の補助金等支援情報をご提供ください】
自治体等で行っている移住者や起業家の補助金、助成金、その他サポート事業の情報を募集しています。
事業内容を掲載のうえ、お問い合わせフォームよりご一報ください。

【会社概要】
会社名:FPサテライト株式会社
所在地:東京都中央区銀座6-6-1銀座風月堂ビル5F
代表者:代表取締役 町田 萌(東京都最年少の独立系CFP(R)認定者*)
創業:2016年11月
設立:2018年4月
所属FP数:17名(役員1名を除く)
URL: https://fpsatellite.co.jp/
事業内容:ファイナンシャルプランナーに係る各種事業
家計・ライフプランニング相談
経理財務コンサルティング・経営革新等支援機関業務
マネー記事執筆・コンテンツ制作・監修
マネー講師・セミナー企画 等

*2019年11月30日現在、日本FP協会CFP(R)認定者検索システムに登録している東京都のCFP(R)認定者の中で最年少のファイナンシャルプランナーです。

【本リリースに関するお問い合わせ先】
下記お問い合わせフォームよりお問い合わせください。
https://fpsatellite.co.jp/contact/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング