「令和2年7月豪雨」に対する義援金の寄付について

PR TIMES / 2020年7月15日 18時40分



この度の「令和2年7月豪雨」の被害に遭われた皆様には、心よりお見舞いを申し上げます。

アサヒグループホールディングス株式会社(本社:東京 社長:小路明善)は、アサヒビール株式会社、アサヒ飲料株式会社、アサヒグループ食品株式会社などを代表し、被災された方々や被災地の支援活動にお役立ていただくために、熊本県、福岡県、大分県、鹿児島県に対し義援金として2,500万円を寄付することを決定しました。

■義援金
熊本県 1,000万円
福岡県、大分県、鹿児島県 各500万円(計1,500万円)

アサヒグループでは、犠牲になられた方々へのお悔やみを申し上げるとともに、被災地の一日も早い復旧・復興をお祈り申し上げます。令和2年7月豪雨の被害に対する追加支援については、被害の全貌が明らかになり次第、引き続き検討いたします。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング