1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【名古屋市主催事業】「名古屋地域の起業家16名×全国のシードVC マッチングイベント」を開催

PR TIMES / 2021年2月8日 9時45分

完全オンラインで113件の新規関係性を創出。起業家からの満足度は78%。

名古屋地域から社会起業家のエコシステム発展に向けた事業を展開する「株式会社UNERI」(本社:愛知県名古屋市 代表取締役 :河合将樹)は、2021年1月27日、名古屋市主催事業として開催した「名古屋地域の起業家×全国のシードVC マッチングイベント」にて運営事務局を務めました。



■【開催背景】資金調達額日本2位。盛り上がりをみせる「愛知・名古屋市場」を3時間で体感
全国1位の製造品出荷額等を誇り、日本一のものづくり県である愛知県(*1)。実はスタートアップの領域でも盛り上がりを見せており、2019年上半期にはスタートアップ企業の資金調達額で日本2位(*2)となりました。

この数年で、名古屋市には「ナゴヤイノベーターズガレージ」や「なごのキャンパス」などを代表とするインキュベーション施設(起業家支援施設)は急増。様々なスタートアップ企業の支援施策が充実してきました。

一方で、2021年1月時点で、名古屋地域にはシードステージ(創業直前・直後)の起業家に投資するVC(ベンチャーキャピタル)は名古屋にほとんど存在していません。スタートアップ企業の成長において創業時の資金獲得は重要な問題です。

弊社が名古屋市事業として実施している起業家へのヒアリングを通して、シード投資を行うVCとの接点不足が、愛知・名古屋地域のスタートアップエコシステムの発展における大きな課題だと明らかになっています。

[画像1: https://prtimes.jp/i/62589/10/resize/d62589-10-213263-5.png ]



上記の課題を解消するため、2021年1月27日、名古屋地域の起業家と全国のシードステージに投資を行うVCを対象として「3時間で名古屋の今がわかる、完全オンライン完結のマッチングイベント」を開催いたしました。

なごのキャンパスやOICX、NALICなどのインキュベーション施設に入居している名古屋地域の起業家16名と、インキュベイトファンド、EastVentures、UTEC、リアルテックファンドなど、日本を代表するシードVCのキャピタリスト約25名にご参加頂きました。


*1:2019年 産業別統計表 工業統計調査(令和2年・経済産業省)
*2:JAPAN STARTUP FINANCE REPORT 2019上半期(令和元年・株式会社INITIAL)



■【開催内容】16社のスタートアップのピッチを実施。113組の資金調達に繋がる機会を創出

[画像2: https://prtimes.jp/i/62589/10/resize/d62589-10-939771-6.png ]


イベントはオンライン会議ツール「Zoom」で実施。3分間の起業家ピッチを行った後、個別ルーム(ブレイクアウトルーム)で自社に関心があるVCと交流を行うプログラムを行いました。

また、事前に起業家にヒアリングを行い、必要としている支援内容をVCに事前共有するなど、最適なマッチングを生むための仕掛けをご用意しました。

その結果、イベントをきっかけとして生まれた1on1ミーティング(投資検討・事業壁打ちが目的)の数は113組となりました。参加した起業家の満足度は78%です。


より多くの起業家に支援を届け、愛知・名古屋地域におけるシード投資を活性化させるため、イベント開催から1ヶ月後には参加者の追跡調査を実施予定。今後は、資金調達が完了するまで起業家の伴走支援を行う予定です。


■【展望】名古屋の起業家と世界を繋ぐ“入口”

運営事務局を務める株式会社UNERIでは、「つくる人の可能性を耕し、豊穣な生態系をつくる」をビジョンに、愛知県・名古屋地域から、スタートアップや社会起業家などの「多様な起業家」が育まれるエコシステムを耕し続けるための事業を展開します。

また、弊社は名古屋市から受託を受け、愛知県内のイノベーション・スタートアップ拠点間の連携・共創促進を目指す「Nagoya Innovation Gateway」において運営事務局を務めています。「Nagoya Innovation Gateway」では、名古屋の起業家と日本全国・世界を繋ぐ“入口”を担うことを目標に掲げています。

UNERIは、今後も社会的インパクトを追求する姿勢を大切にしつつ、名古屋から社会起業家が生まれる仕組みづくり」に挑み続けます。毎週月曜日夜21時に弊社の活動や展望を発信する「UNERIノート」をnoteにて配信しておりますので、ご関心のある方々はぜひご覧ください。
URL: https://note.com/uneri_tokai
 


名古屋進出に関心がある全国の起業家、VCのみなさまからのご連絡をお待ちしております。
お問い合わせ先:pr@uneri.co.jp



■株式会社UNERI 代表取締役 河合将樹のコメント

[画像3: https://prtimes.jp/i/62589/10/resize/d62589-10-194292-4.jpg ]


愛知県は、ディープテックやリアルテック領域で起業をするベンチャー企業にとっては日本一豊かであると言っても過言ではないと感じています。しかし一方で、王道のスタートアップや社会起業家としてのロールモデルは極めて少なく、生まれにくい構造になっていました。

今回のマッチングイベントによって、3時間という短時間で名古屋で活動する起業家と日本全国のVCとの繋がりを創出することができました。今回の出会いがきっかけとなり、半年後・数年後に資金調達が実現した暁には、分厚いエコシステムが循環していくはずだと確信しています。

弊社は名古屋の起業家と日本全国・世界を繋ぐ“入口”でありたいと考えています。名古屋と名古屋市場への進出や連携に関心がある方は、ぜひお気軽にご連絡いただければ幸いです。


■本リリースに関するお問い合わせ先

【運営事務局】
[画像4: https://prtimes.jp/i/62589/10/resize/d62589-10-789366-3.png ]

NAGOYA INNOVATION GATEWAY運営事務局:株式会社UNERI
https://uneri.co.jp/

名古屋市共創促進コーディネーター:河合将樹
Mail:pr@uneri.co.jp
NAGOYA INNOVATION GATEWAY Webページ
http://nagoyainnovationgateway.jp/

【主催】
名古屋市経済局 スタートアップ支援室
TEL : 052-972-3046 / FAX : 052-972-4135
名古屋スタートアップ推進ポータルサイト
https://nagoya-innovation.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング